世界のお気にいり(8)

東南アジア経済をにらむタイ老舗企業と若者に人気のオンラインサービス

消費者視点を切り口に、海外のライフスタイルレポートをお届けする「世界のお気にいり」。タイの老舗ブランドを支える大企業、そしてバンコクの若者に人気のフィットネスサービスについてのレポートです。

米経済誌フォーブスが発表した2016年の世界の企業ランキング「フォーブス・グローバル2000」で、上位2,000社に入ったタイの上場企業は15社。米国の586社、中国・香港の249社、日本の219社に比べるとまだ数は少なく、今後の伸びが期待されます。 この記事では、タイの象徴的な大企業と最近世間が注目しているサービスを中心に取り上げていきます。 参考世界企業番付、タイはPTTなど15社

タイ最大のコングロマリット。チャロン・ポカパングループ

CP(Charoen Pokphand Group/チャロン・ポカパン)グループは、タニン・チャラワノン氏が基礎を作ったタイで最大のコングロマリット(複合企業)。セブンイレブンや大型スーパーマーケットのテスコ・ロータスを展開するCPオール社やタイ最大手食品企業のCPフーズを中核事業として、通信や不動産、保険分野にも積極的に進出しています。 国際的には、ASEAN各国や中国などを中心に世界13カ国に進出。特に中国では、最大手の外資系企業として知られています。 タイの経済を牽引し続けているCPグループですが、最近では「富の独占」に対して批判も…。2015年には国内最大手のコンビニエンスストア『セブンイレブン』不買運動がSNS等で拡散される騒ぎとなりました。これはセブンイレブンが店内食事サービスを開始したことに対して、周辺の食堂や屋台の客を奪う恐れがあるとして、市民の間で反発が起こったもの。また、セブンイレブンで販売されているプライベートブランド商品の数々が、既成の商品を真似ている疑惑があることも、不買運動につながったとされています。
セブンイレブンで販売されているプライベートブランド
セブンイレブンで販売されているプライベートブランド
とある商品と似てる?と話題になったバナナ味のお菓子 ※パッケージは2016年11月現在のもの
とある商品と似てる?と話題になったバナナ味のお菓子 ※パッケージは2016年11月現在のもの
参考タイでセブンイレブン不買運動の呼びかけが拡散、CPグループの「富の独占」に反発Critics call for 7-Eleven boycott May 7-11

タイ・ビバレッジの勢いを支えるTCCグループ

TCCグループは、タイの富豪、ジャルーン・シリワタナパクディー氏が率いるコングロマリット。象のマークの「チャーンビール」やラム酒「メコン」などが代表ブランドのタイのアルコール飲料最大手、タイ・ビバレッジをはじめ、消費財大手ベーリユッカーや不動産大手TCCランドなどの大手企業を傘下に収めています。 特にタイ・ビバレッジの勢いは凄まじく、タイでのアルコール規制強化やイスラム教徒も多い他国への拡大を見据え、非アルコール部門を拡大してきました。国内では08年に緑茶飲料・日本食チェーン大手のオイシグループ、11年にペプシのボトラーだったスームスックを買収。現在では販売量の半分近くが非酒類を占める総合飲料メーカーに成長しています。2020年までに国外売上高を現在の3割から5割に引き上げる計画とのことで、今後のさらなる拡大が期待されます。
タイ人に人気の甘い緑茶「緑の茶」
タイ人に人気の甘い緑茶「緑の茶」
様々な種類の飲料が販売されています
様々な種類の飲料が販売されています
過去に米飲料大手ペプシコと販売代理契約をしていたタイ飲料大手「スームスック」のオリジナル商品「est COLA(エス・コーラ)」
過去に米飲料大手ペプシコと販売代理契約をしていたタイ飲料大手「スームスック」のオリジナル商品「est COLA(エス・コーラ)」
参考タイビバレッジ、東南アジアでの覇権に挑むタイ・ビバレッジ、事業拡大加速 ASEAN内で飲料首位に

バンコクの若者に大人気のオンラインサービス「Guava Pass」

最近バンコクの若者たちの間で注目されているのが、月額制のフィットネススタジオの通い放題サービスを展開している「Guava Pass」。 サービス内容はとてもシンプル。アプリやWEB内で希望の日時・場所を指定すれば、Guava Passと提携しているスタジオのヨガ、ピラティス、ダンス、ムエタイ……などの豊富なレッスンの空き枠が一覧で表示され、ワンクリックで予約することができます。ユーザーは一度登録すれば様々なレッスンを毎日受けられ、平日はオフィスの近く、土日は自宅の近く……など、自分の都合でスタジオを選択できます。
Guava Passのアプリ内画面
Guava Passのアプリ内画面
1.希望の場所、時間、レッスン内容を指定します。 2.アクティビティは多彩なメニューから選び…… 3.空きのあるコース・スタジオ名が一覧で表示され、クリックすれば予約完了! フィットネススタジオ側は、本会員だけでは空きが出てしまう枠を埋めることができる・新規会員を呼び込む機会を得られる、といったメリットがあります。 月額料金は 1ヶ月契約:3,699B 3ヶ月契約:3,399B/月 6ヶ月契約:3,199B/月 という3段階で用意。タイのフィットネススタジオの相場からすると割高ですが、タイ人いわく「毎日通えば元が取れる!」とのこと。実際に知人は、仕事が早く終わりそうな日はGuava Passでオフィスや自宅近くで行われるレッスンを予約し、連日トレーニングに励んでいました。 Guava Passはバンコク以外にも、香港、シンガポール、ドバイ、北京などアジアを中心に計8エリアで展開されています。(2016年11月現在) 糖分の過剰摂取により、4分の1の人が糖尿病を発病しているとも言われるバンコク。2016年4月にはタイの国家改革評議員が「砂糖税導入案」を内閣に提出するなど、国全体で健康に対する意識が高まってきたと感じています。バンコクにあるオーガニックレストランやファーマーズマーケットも連日大盛況。今後もタイにおける健康ブームは勢いを増すと考えられています。 参考4人に1人が糖尿病!?タイで深刻化する糖尿病の脅威
< 前の記事へ 次の記事へ >