Private Demo Dayって何だ?

What is Private Demo Day ?

Private Demo Dayとは、その一ヶ月で経験した業務外での成果の報告会で、各人3~5分程度で発表するというルール以外、特に報告内容の縛りのないプレゼン大会です。そしてこのPrivate Demo Dayは、「発表後にドヤ顔をしたい!」という想いから社内では“ドヤ会”と呼ばれています。もはや正確にPrivate Demo Dayと言うメンバーは誰もいないのではないか…というくらい“ドヤ会”が浸透しております。

どんな感じで行われてるの?

これまではにもさまざまな発表が行われました。その中から発表の様子を交えていつくかご紹介します。
Private Demo Dayって何だ?
「ビジネスマンに統計を教えるには?」というテーマで記述統計の基礎を話をしたエンジニアの藤本。
Private Demo Dayって何だ?
経済学を専攻していた二木は経済学者ピケティについて独自の考察を発表
Private Demo Dayって何だ?
お酒を飲み、ピザを食べながら発表を聞くメンバー
3周年パーティでは、エンジニアの林、海老原、山田の3名が発表しました。
Private Demo Dayって何だ?
林は「U分布と宇宙」というテーマで15年来の疑問についての発表をしました。
その際の投影資料。
Private Demo Dayって何だ?
サイカアカデミー構想を発表する山田

発案者に話を聞きました。

そもそもなぜ、このような企画が始まったのか、この企画の発案者でもあるCTO海老原に話を聞きました。── Private Demo Dayはそもそもどのような経緯で企画したのですか?
Private Demo Dayって何だ?
Private Demo Dayは簡単に言えばライトニングトークなんですけど、どうしてPrivateとつけたかというと、業務外の個人で行った成果の報告だからですね。 元々実施し始めた経緯は、サイカとして評価制度を考えていた時に、「人ではなく、成果物に対してちゃんと評価したいよね」という話になったんです。例えば「海老原すごい」じゃなくて「海老原がやったコレが面白い」みたいに、 “コレ” をちゃんと評価できるようにしたかった。 で、そのための案が色々出てきた中から「これいいかもね」みたいな感じで若干評価制度の話からは脱線して独立した企画として話が進んでいった。個人的な成果の報告とかって控えめな人とか業務が忙しい人はしにくかったりすると思うんですが、そういう理由で面白いことやっているのに埋もれてしまうのはもったいないじゃないですか。だから、定期的に発表する場を作ったんです。 あとは、自分がやったことを相手に“興味深く”伝えるスキルってすごく大事ですよね。そういう練習にもなればいいなという気持ちもありました。それが才能開花につながればいいですし。── 新オフィスになり社外の方も呼んでPrivate Demo Day を開催しようという話も出てますが、今後どうしていきたいですか?もっと発表の内容のバラエティを増やしたいですね。サイカなんで、もちろん統計の発表はあっていいんですけど、もっとくだらないことでもいいと思っています。クリアしたゲームが面白かったとか、最近読んだ本や漫画を紹介するとか。そうじゃないと仕事の延長になっちゃうんで…。むしろ会社と全然関係ない発表をして欲しいんですよね。 個人的には、初期にあった地域復興のNPOに参加した話とか、職務以外で体験した面白いことをもっと聞きたいですね。そこから知れるみんなの考え方や好みなどに興味があるんです。 それと、やはり企画当初と今では組織の状況などが変わってきていて、どこまでこの種の取り組みにリソースを割いていいのか、みたいなところは常に検証し見直す必要があると思ってます。そういう意味でも、例えば社外の人に参加していただいて何か話をしてもらうとか、せっかくやるならそういうチームビルディング、交流の面を強めていく方向に期待しています。

この記事を書いた人

神保町へオフィスが移転しました

株式会社サイカは、3月23日よりオフィスを高田馬場から神保町へ移転することになりました。学生街から学生街へ…ランチには事欠かなそうです。 そこで、今回は新しいオフィスを少しご紹介したいと思います。

神保町駅から徒歩2分

〒101-0051 千代田区神田神保町2-22 神保町カンナビル3F 神保町駅から徒歩2分。その他にも水道橋駅や九段下駅からも徒歩10分以内でアクセスできる距離です。
神保町へオフィスが移転しました
来社の際は、こちらの受話器をお上げください。
神保町へオフィスが移転しました
執務スペースも広くなりました。
神保町へオフィスが移転しました
会議室もできました。これからは来社のご対応やセミナー・勉強会も開催しやすくなりそうです。

担当者に話を聞いてみた

今回の移転関連の業務を担当した高山に移転の際に注意したことなどを聞きました。
神保町へオフィスが移転しました
── オフィス移転に関して条件などはあったのでしょうか?私が入社したのは今年の1月だったのですが、すでに移転は決まっているものの全然話が進んでいませんでした。立地や環境に関してもサイカとしての意見があったわけではなかったので、物件探しから手探り状態でした。 メンバーが働きやすい環境というのは大前提ですが、お客様が来社されるときに迷わない場所というのもかなり意識しました。というのも、以前の高田馬場オフィスまでの道順を説明できる自信がなかったんです…(笑)── いろいろ物件見たと思いますが、ここに決めたポイントは?コストパフォーマンスがよかったこととアクセスしやすい立地ですね。 あとは、今回の移転はメンバーが増えたことで作業スペースの確保が難しくなったことが大きな原因でしたので、現状のサイカにフィットするレイアウトが可能な広さがあったことも大きな決め手でした。このあと、もう少し人員が増えても対応ができる予定です。 周辺の環境も騒がしすぎず、適度に活気がありますし、ランチのお店が多いなぁという印象です。今回も学生街なので、やっぱりカレーとラーメンが多いですけど…(笑)── 他のメンバーからの反応はどうでしたか?ある程度、目星をつけた段階でメンバーみんなで内見に行きました。そこで立地や環境は満足していただけましたし、オフィスのレイアウトもみなさんの意見を取り入れつつ決定したので、おおむね良好…のはずです。まだ初日ですので、いろいろ意見を聞きつつ、改善できるところは改善していきたいと思います。

名刺のデザインも変更しました。

また、今回のオフィス移転を機に名刺のデザインも変更しています。
神保町へオフィスが移転しました
サイカは社名の由来が才能開花である通り、「自分自身の才能開花に本気でコミットし、同時に周りの才能開花を本気で支援できる」ことを目標としています。 そこで、昨年に開催した合宿でメンバー全員が考えた、“私にとっての才能開花”を名刺に記載することになりました。詳細は後日、コーポレートサイトにも掲載する予定です。

この記事を書いた人

2015年もサイカをよろしくお願いいたします。

2015年もサイカをよろしくお願いいたします。
ご挨拶が遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。CEOの平尾です。そして、もうだいぶ時期のずれた写真ですみません…。 2014年は弊社サービス xica adelieを中心に、みなさまのお力添えに、大変ご愛顧いただきました。また7月にはXICA-Labsという「統計をシンプルにし、データをクリエイティブにする」ためのメディアの運営も開始しました。 2015年は統計分析を活用した営業支援ツール Rockhopper(ロックホッパー)のリリースも控えております。本年も、相変わらずのご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。 さてそんな中、みなさまにご報告がございます。2015年1月1日より、サイカは新しいメンバーを迎えることができました。 新年最初のブログということで、幸先よく、新メンバーの紹介をさせていただきす!

高山千晶

サイカ創設以来、初の女性スタッフです。コーポレートスタッフとして、さまざまな業務のサポートをしてくださっています。広い視野と強い情熱を兼ね備えた高山さんは、サイカに“高いスピード感”と“不屈の闘志”を与えてくれました。

コメント

はじめまして。高山と申します。2015年1月1日から”コーポレートスタッフ”として働き始めました。 幅広い業務を通じて人が活き活きとかつ伸び伸び働くためのサポートをしたいと思っていたところ、サイカに出会いました。サイカでは少数精鋭でメンバーの強み、魅力がうまーく調和しています。枠や型にはまらず、既成概念、普通や常識にとらわれることなく、人間味や個性を振りまきながら働いているのをみると、ある種清々しささえ感じます。 バックヤード専門の遊軍としてがんばりますので、よろしくお願いいたします。

藤本誠二

エンジニアとして入社された藤本さんです。サイカのサービスを強化していくためにも必要不可欠なエンジニアをこのタイミングで迎え入れることができました。藤本さんの開発に対するあくなき探究心は、サイカ全体の“集中力”を飛躍的に高めてくれます。

コメント

サイカは Python の会社です。Webアプリケーションのサーバーサイドは全面的にPythonで記述されており、統計処理に伴う数値/行列計算もすべてPythonで行っています。 また、リリース過程もPython製のツール(Ansible)を利用して自動化されており、いわゆる「idempotence」なデプロイも可能になっています。更に、Pythonのバージョンも既に2.7系に移行済みなので、Pythonプログラマが働くには非常にモダンな環境だと思います。これから、この環境でのびのびとPythonを書いていけたらと思っていますので、よろしくお願いします!

本年もよろしくお願いします。

今年“も”勝負の年、とメンバー全員で一丸となり、みなさまに愛されるサービス、企業を目指してまいります。

この記事を書いた人

サイカ合宿に行ってきました

デザイナーの加藤です。 9月26日〜27日にかけて、サイカメンバーで合宿にいってきました。
場所は太平洋が見渡せる九十九里。
サイカ合宿に行ってきました
8月からメンバーが10名になり、さらに成長していこうという気持ちのなか、サイカのこれからの事業計画やメンバー個人の“才能開花”について話し合いました。
サイカ合宿に行ってきました
話し合ったことは大きく3つ
  • 3年後のサイカはどうなっているのか? という中期の事業計画の共有
  • 統計分析ツール アデリーの機能強化、来年初めにリリース予定の営業支援ツール Rockhopper(ロックホッパー)、さらにはその先のプロダクトサービスについて
  • メンバーそれぞれにとっての才能開花について
事業計画やプロダクトについて全員で議論できたことはもちろん有意義でしたが、個人的はメンバーそれぞれにとっての“才能開花”について話し合えたことが今回の合宿での一番の有意義だったポイントでした。 サイカは社名の由来が才能開花である通り、「自分自身の才能開花に本気でコミットし、同時に周りの才能開花を本気で支援できる」ことを目標としています。
そのなかで改めて、それぞれのメンバーにとっての才能開花について想いを聞くことができたことはお互いを知る意味でもとても貴重なことでした。それぞれの“才能開花”については、近いうちに宣言できるように現在準備中です。 そして、やはりサイカの合宿の夜となればコレです。ボードゲーム!
サイカ合宿に行ってきました
サイカはクリエイターを中心にボードゲーム好きが集まっています。今回は3つのゲームを持参。私は初めてのゲームばかりでしたが、個人的には写真にある「カタン」が面白く、東京に戻ってからすぐにAmazonで注文しました。 2日目は前日の議論のもと、具体的な認識の共有などを行い、今回の合宿で、いま一度全員の足並みを揃えることができました。

この記事を書いた人

設立2周年を迎えて

皆さま
いつもお世話になっております。サイカCEOの平尾です。
設立2周年を迎えて
実は先週2月20日、弊社サイカは設立2周年を迎えました!
思い起こすと、本当にいつも誰かに助けられ続ける感謝感謝の2年間でした…という話はまた別の機会にして、今回はこの記念すべきタイミングで弊社の社名の由来と企業理念、そしてそこに込められた私の想いを紹介させていただきたいと思います。 企業理念はこちらでご覧いただけます。

社名の由来について

才華(さいか):華やかに現れた才能

私たちが考える才能開花とは、必ずしも「成果を残す」という意味ではありません。
成果を残すために、それぞれが「自らのオリジナリティを活用し尽くす」こと…そして、その先にある「納得感・誇りを得る」ことこそ、私たちが信じる才能開花です。
日々繰り返される勝負に際して、「準備は整った。あとは勝負するだけだ」と胸を張れる未来を実現したい、という想いが込められています。

ミッションについて

すべてのデータに示唆を届ける

人々の才能開花を支援するために、私たちが選んだテーマが「データ」です。
ご存知の通り、世の中はデータに溢れています。個人から企業、国に至るまで、ほとんどどすべての行為はデータとして記録されています。
しかし、いま記録され続けているデータは、私たちに才能開花のきっかけや「準備は整った。あとは勝負するだけだ」と思わせてくれる機会を提供しているでしょうか。
もちろん役に立つ場面もありますが、正直、あやしいところです…。
私たちの存在意義は、まさにこの“ただの数字”として散在しているデータを、それぞれが闘ううえでの“重要な資源”として届けていくことに他なりません。

ビジョンについて

Make Stats Simple, Make Data Creative.

では、どのように“ただの数字”に“示唆”を届けるのか。
そこで着目した技術が、データを客観的に説明することが出来る“統計分析”です。
現状は限られた人間しか扱えないこの専門的な手法を、誰もが当たり前に扱えるシンプルなものに変えていくことで、誰もがデータから意味ある示唆を導ける、ひいては、誰もが「準備は整った。あとは勝負するだけだ」と胸を張れる未来を実現したいと考えました。 以上が、弊社の掲げる企業理念です。
今後とも、サイカをよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

データを“上手く活用する”ってなんだろう

COOの山田です。
初回の平尾に引き続き、サイカメンバーのブログの第2回を仰せつかりました。
サイカは、2012年2月20日に登記しているので、明日で丸2年になります。私自身は、設立準備期間を含めると、2年半ほど関わってきました。その当時は、まさか自分が入社するとは夢にも思ってなかったですが(笑) 紆余曲折を経ながら統計分析ツールadelieというサービスにたどり着き、「より多くの人に、データを活用する手段を提供する」というビジネスの大きな目標感を持つようになりました。
その過程で、「データを”上手く活用する”」とは要はどういう状態なのだろう、ということをよく考えます。
この問いには色んな角度からいろんなことが考えられるのは百も承知で、今回は、私なりの着眼点で考えていることを整理してみたいと思います。

「論理を超えるもの、直感を支えるもの」

最近読んだ、元サッカー日本代表監督の岡田武史さんと棋士の羽生善治さんの対談書籍「勝負哲学(サンマーク出版)」のなかに出てくる話で、私がぼんやり感じていたことが端的に表現されていました。
「論理を超えるもの、直感を支えるもの」という表現も同書からの引用です。「データは自分の感覚を裏付ける情報でしかない」「一定水準まではデータ重視で勝てる。しかし、確率論では勝ちきれないレベルが必ずやってくる。そうして、ほんとうの勝負はそこからだ」(岡田武史氏)「データ分析はもはや勝負の前提条件になっていて、それなしではそもそも勝負の土俵に立てない」「理詰めでは勝てない時が必ず来る、ほんとうの勝負が始まるのはロジックの限界点から」(羽生善治氏)おふたりが共通して語っていることをざっくりとまとめると、データの積み重ねによる「土台」がなければそもそも戦えないが、本当の勝負はさらにその先の「直感」によって決まる ということでしょうか。
どれほどビッグなデータをどれほど高度に分析しても、データが「絶対に正しい答え」を勝手に教えてくれることは「絶対に」ありません。データの望ましい活用の仕方は、 (1)分析できるところまではデータで調べ、最後は人が意思決定をする。
(2)分析する人がデータについて読み解ける十分な知恵・経験を持っていなければ、価値のある示唆は非常に導きづらい。 この2点が上げられます。

「スポーツ」と「企業活動」の性質の違い?

しかし、ビジネスの現場で「データを活用する」ことを具体的に考えると、これだけではカバーされないことが多くあるように感じます。
「スポーツ」と「企業活動」の違いをあえて言葉にすれば、次の3つの側面がありそうです。 1つ目は、サッカーや将棋などは「ゲームの構造やルールが不変」であるのに対して、ビジネスは「ゲームのルールは常に変わる、むしろ自分から作りに行く」ものであること。
ゲームの勝ちの定義や制約条件が変われば、意思決定をするためには当然それまでと違うデータを見ることが必要になります。 2つ目は、検証の対象となる範囲が広く、定義すらできない ということ。
サッカーであればピッチ内、将棋であれば盤面の上がデータを取る範囲になりますが、企業の活動はどこのデータを取るのか?という問いに答えること自体が極めて難しい。 3つ目は、やや重なりますが、関わる人間が多い こと。
ひとつの企業のなかでも、時間が経つごとに関わる人/部署/役割分担は確実に増え、企業の外の「顧客」「仕入れ先」「ビジネスパートナー」「競合」などの関係者もめまぐるしく変わり続ける。この際限のない人の流動性も違いとして上げられます。

説明→プロセスの共有→経験値の蓄積

そのような違いを考慮し、日常的にさまざまな企業様のお話をうかがっているなかで感じていることを改めて整理すると、企業におけるデータの活用は大きく3つの切り口に分けて考えられるのでは、というのが今の仮説です。(下にいくほど難易度が上がります)

(1)説明すること

当然といえば当然ですが、ビジネス現場では「説明」の比重が大きくなります。
ポジティブな意味合いでいえば、多くの人を説得し動かすこと。
ディフェンシブな意味合いでいえば、リスクヘッジ的に「説明責任を果たすこと」(後者が多かったりもしますが)。 いずれの場合であっても、信頼できるデータを根拠に明確なロジックを組み立てることで、多くの人に納得してもらう ことがゴールになります。

(2)思考のプロセスを共有すること

上記の「説明する」という行為において、「結果」だけではなく「プロセス」も見える化することが次に期待されます。
KPI(Key Performance Indicator)の考え方そのものですが、最終的な結果だけでなく、そこまでの過程もモニタリングしようという発想です。 ここで大事なのは、KPIを定義すること自体が極めて難易度が高い、ということ。
漫然と過程を数値化しても「管理のための管理」にしかなりません。
実効性のあるKPIを設定するには、どうすれば一番成果が出そうか、という「勝ちパターンの仮説」に裏打ちされている必要があります。
ほとんどの場合、それは 「誰かの過去の成功体験」というプロセスを見える化して共有すること を意味します。

(3)経験値を蓄積すること

さらにその先にあるデータの活用というのは、「経験値の蓄積」にあるのではないか、と考えています。この「経験値」とは、先ほど上げた「勝ちパターンの仮説」のことです。
成功体験に裏打ちされて得られた「勝ちパターン」は、それが自分の経験でも他人の経験でも、将来「再利用」がしやすくなります。 もちろん、「全く同じ状況」に「全く同じ勝ちパターン」を使って「同じ成功体験」を得ることはほぼあり得ないでしょう。
しかし、自分と他人の実体験に基づく「豊富な経験値=たくさんの仮説」を持っていれば、想定外の状況に対してもより良い意思決定ができる確率が高まる のではないでしょうか。

サイカがこれから目指す(かもしれない)こと

こう考えると、サイカが今後の目指していく事業展開は、この3つを満たすことなのかなと漠然と考えています。
特に、「勝ちパターンの仮説をアーカイブできること」 は、どういう形なのかさっぱり分かりませんが、個人的に大きな可能性を感じています。 ひょっとすると、巡り巡って、先ほど紹介した「勝負哲学」という書籍の話に通じるのかもしれません。
ビジネスは変化が多く、データの範囲が広く、関わる人が多い。
だからこそ、なるべく効率よく「土台となる勝ちパターン」を集められることで、結果的に最後の「直感的な意思決定」の質を企業全体で高めて行くことにつながる。そんな世界が描けるのかもしれません。

この記事を書いた人

© 2012 XICA CO.,LTD.