アクション一覧

「霞が関広報の会」にサイカ代表取締役社長CEO・平尾が登壇

メディア露出・登壇

データドリブン・マーケティングの最新事例を解説

データサイエンスを軸にしたマーケティングコンサルティング事業を行う株式会社サイカ(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)は、2024年1月23日(火)、省庁・政府関係機関向けに広報・ PR に役立つ知見を共有する「霞が関広報の会」に登壇しました。

データドリブン・マーケティングの最新事例を解説

霞が関広報の会について

「霞が関広報の会」は、省庁・政府関係機関間でのコミュニケーションギャップを解消し、広報・ PR に関する知見の共有が行われるコミュニティです。2019年から月に1回程度のペースで、有志にて勉強会を対面・オンラインで開催し、現在は、全省庁・関連政府機関からなる300名以上のメンバーで構成されています。他省庁の先進的な取り組みの共有、霞ヶ関ならではの文化・制度を踏まえたより実践的なナレッジ共有のほか、外部講師を招いた特別セッションも定期的に開催されています。

本会についての問い合わせは、下記アドレスまでお寄せください。
exl-kasumigaseki-kouhou@meti.go.jp

サイカが登壇した特別セッションについて

サイカは「企業事例から学ぶ データドリブン・マーケティングの現在地 ー政策への活用可能性」をテーマに、特別セッションを行いました。

各省庁の広報業務でデータドリブン・マーケティングを活用いただくため、データドリブン・マーケティングの基本的なプロセス、データドリブン・マーケティングの実践により事業成果の創出・事業成長を狙って最大化した最新事例、政策への活用可能性などについて解説しました。

登壇概要

日時:2024年1月23日(火) 12:00~13:00
開催形式:オンライン
テーマ:企業事例から学ぶ データドリブン・マーケティングの現在地ー政策への活用可能性
スピーカー:株式会社サイカ 代表取締役社長CEO 平尾 喜昭

2012年慶應義塾大学総合政策学部卒業。父親が勤める会社が倒産したことを原体験として、大学在学中に出会った統計分析から経営支援の可能性を見出し、2012年2月に株式会社サイカを創業。統計学と経済学をベースに、これまで数多くの大手クライアントでマーケティング精度向上のコンサルティングを行ってきた。その知見を基に、サイカの各種ツール開発におけるプロダクトオーナーを歴任。

https://xica.net/

会社情報

サイカは、データドリブン・マーケティングを支援するデータサイエンスパートナーです。クライアントのマーケティング課題に対して、仮説思考とデータ分析をもとに示唆を届け、具体的かつ効果的な解決策を提示するプロフェッショナルサービスを提供しています。提供価値の源泉として、データサイエンスを構成するビジネス理解力・統計分析力・ITエンジニアリング力の3つの力を磨き続けることで、高度化するマーケティングのメカニズムを解明し、マーケティング成果の最大化に向けてクライアントに伴走し続けます。

私たちは、「才能開花に満ちた公正な世界をつくる」というパーパスのもと、データサイエンスの力で透明で公正な社会をつくることで、人や企業のポテンシャルを最大化し、みなさまの才能開花を実現します。

代表者:代表取締役社長CEO 平尾 喜昭
所在地:東京都港区六本木3丁目1-1 六本木ティーキューブ14F
設立:2012年
URL:https://xica.net/
サービス:https://marketing.xica.net/
Facebook:https://www.facebook.com/XICA.japan/
X(旧Twitter):https://twitter.com/xica_official
TechBlog:https://tech.xica.net/

※サイカおよびXICAの名称・ロゴは、日本国およびその他の国における株式会社サイカの登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名についても、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースに関する問い合わせ先

株式会社サイカ 広報担当:久保園(くぼぞの)
TEL:070-4870-6510/E-MAIL:pr@xica.net