Forbes JAPAN「JAPAN’ s CLOUD 20」にサイカがランクイン

株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)が、Forbes JAPANが年に1度、非上場企業から日本を代表するクラウド企業を選出する「JAPAN’ s CLOUD 20」の2022年版で、16位に選ばれました。

Forbes JAPANが年に1度、非上場企業から日本を代表するクラウド企業を選出する「JAPAN’ s CLOUD 20」にサイカが選出されました

■Forbes JAPAN「JAPAN’ s CLOUD 20」について
米「Forbes」が毎年、クラウド分野を代表する非上場企業100社を「The Cloud 100」としてランキングにしており、その日本版として2018年より「Japan’s CLOUD TOP10」が開始されました。今年は昨年までのトップ10から上位20社まで拡張され、「JAPAN’ s CLOUD 20」として発表されました。

DNXベンチャーズ・マネージングパートナーの倉林陽氏や、セールスフォース・ベンチャーズ日本代表の浅田賢氏らの協力のもと、STARTUP DB調査の評価軸、ARRやグロースレートなどの経営指標に加え、市場リーダーシップ、事業成長性、革新性・ポテンシャル、経営陣・組織を評価し、ランキング化されています。
※ランキングの詳細は、雑誌「Forbes JAPAN 2022年4月号」をご覧ください。

2022年4月号(2022/2/25(金)発売)
https://forbesjapan.com/magazines/detail/133

●サイカについて https://xica.net/ 

「華やかに現れでた才能」を意味する「才華(さいか)」を社名の由来とするサイカは、データの力で人々の創造力を最大の成果へとつなげ、才能開花を実現するデータサイエンスカンパニーです。

●MAGELLANについて https://magellan.xica.net/

サイカが提供する国内No.1のマーケティング分析ツール。インターネット広告だけでなく、効果測定が難しいとされるオフライン広告(テレビCM、屋外広告など)や、外部的な要因(競合企業の動き、季節性など)までを含め、あらゆるマーケティング施策の効果を統合的に分析し、全体最適な戦略を策定することが可能。大手企業を中心におよそ200社の導入実績があり、広告宣伝費トップ100社の30%以上の企業でマーケティング分析にMAGELLANが利用されるなど、高い評価を得ています。

●ADVAについて https://adva.xica.net/

サイカが展開するデータ戦略型アドエージェンシー事業。ADVAは以下3つのソリューションで構成され、テレビCMを中心としたメディアプランニングから、クリエイティブ制作、バイイングに至るまで、従来は感覚的な意思決定が行われることが多かった広告出稿を、データサイエンス技術で定量的な根拠にもとづき行い、ROI最大化を図ることを可能にしました。

① テレビCMプランニング最適化ツール「ADVA PLANNER」
② 動画クリエイティブ制作サービス「ADVA CREATOR」
③ 成果報酬型テレビCM出稿サービス「ADVA BUYER」