ニュース

調査・研究レポートの第3弾を公開しました。

当社は、オフライン広告領域における独自の調査・研究レポートを不定期で発行しています。
本日、その第3弾となるレポートを公開いたしました。

<レポートタイトル>
企業の広告宣伝担当者117人に聞いた、オフライン広告の効果測定手法に関するアンケート調査

※ 調査結果レポートは下記のURLにて公開中です。
https://xica.net/magellan/offline-advertising-measurement-technique/

<レポート概要>
電通が2018年に行った調査によると、2017年に日本国内で使われた広告費はインターネット広告が約1.5兆円なのに対し、テレビCMなどのオフライン広告が約5兆円と、インターネット広告の3倍以上の金額がオフライン広告に使われています。
しかし広告の効果測定においては、インターネット広告の効果測定が盛んに行われている一方で、オフライン広告では効果測定の活用が進んでいません。
今回の調査では、オフライン広告の具体的な効果測定手法を挙げながら、企業における測定手法の利用実態と課題についてアンケート調査を行い、その結果を基に考察・報告します。

ニュース一覧へ