消費者100人アンケート

「このセーター、洗える?」おしゃれ着用洗剤に関する消費者100人アンケート

マーケのネタ帖では、20代から50代の女性100人にアンケートを実施しました。
テーマは、おしゃれ着用洗剤、何を使っていますか?
どのような回答が集まったのでしょうか?

おしゃれ着用洗剤は使わないが20人!

おしゃれ着用洗剤とは、

色合いや風合いを保ち、型くずれを防ぎたい“おしゃれ着”のための中性洗剤です。色あせ防止成分や繊維同士のすべりを良くする成分などを配合し、仕上りを良くする工夫がされている洗剤のこと。

(参考:日本石鹸洗剤工業界ホームページより
セーターを着るようになる冬は、使用頻度が増えてきます。

1位は、花王のエマール。続いて、2位はアクロン(ライオン)・3位はボールド(P&G)という結果になりました。その他に挙げられた洗剤は、ナチュラルウォッシュ(ソネット)やウタマロリキッド(株式会社東邦)など。こだわり派もいる中、そもそもおしゃれ着用洗剤を使っていない・専用洗剤と区別していないという回答が20人いました。お洗濯は毎日のこと。いちいち分けていたらキリがないし……というのが隠れたホンネでしょうか。

なぜ使っていますか?の質問に、「ずっと使っているから」が半数!

なぜ、その洗剤を使っていますか?という回答は以下の通り。(選択回答および、その他はフリーアンサーで回答)

回答内容人数
1.ずっと使っているから52人
2.性能がいいから12人
3.なんとなく、使ってみたかったから12人
4.おすすめされたから1人
5.その他23人

その他の回答として、香りを理由に挙げた方が7人。エコの観点からというコメントもありました。

まとめ

利用状況を考えてみると、各洗剤に詰め替え用があるため、継続して同じ商品を使ってしまうサイクルがあるのかもしれません。
また、洗剤としての性能のほか、洗い方・干し方で差が出てしまいがちなのがおしゃれ着洗いです。
「おしゃれ着」で検索すると、アクロンのサイトが上位を占めています。「これ洗える?」というアプリも配信中。一方で「ニット 洗濯」「セーター 洗濯機」などのワードを検索すると、家事のお助け情報サイトが上位に表示されます。店頭では香りのサンプルが置いていたり、モニターで性能に特化した動画が流されていたりと、さまざまなタッチポイントでの訴求がされています。
今年12月には、日本独自の洗濯表示が国際規格に変わります。「これ、洗えるのかな?」と話題になりそうですね。

アンケート概要

実施日:2016年10月11日
アンケート対象者:ウーマンクラウド会員(18歳以上の女性)
回答数:100件
回答年齢構成比(括弧内は人数):
10代(0)、20代(22)、30代(40)、40代(27)、50代〜(11)

< 前の記事へ 次の記事へ >