広告効果分析ツール「XICA magellan」、アイフルが導入 | 株式会社サイカ

XICA magellan

03-6380-9897

10:00~19:00(土日祝を除く)

menu

広告効果分析ツール「XICA magellan」、アイフルが導入 オフライン広告を含む広告費の投資効率が向上

株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下「サイカ」)の広告効果分析ツール「XICA magellan(以下マゼラン)」が、消費者金融事業を展開するアイフル株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社⾧:福田 吉孝、以下「アイフル」)に導入されました。

 

 

マゼラン導入の背景

アイフルは、同業他社との製品差別化が困難な業界特有の課題に対応するため、「愛がいちばん。」というメッセージを訴求するテレビCMを展開するなど、プロモーション施策によって自社の特色をアピールすることに注力しています。
しかし、プロモーション施策の展開において、以下のような課題を抱えていました。
・テレビCMなどのオフライン広告※1の効果を測定することが困難
・オンライン広告※2とオフライン広告の投資バランスを最適化することが困難
そのため、上記のような課題を解消するために、オンライン広告とオフライン広告を統合的に分析し、広告効果を数値化できるマゼランの導入に至りました。

 

※1 オフライン広告とは、インターネットを介さない広告のことで、テレビCM、ラジオ、新聞、雑誌、チラシなどが含まれます。
※2 オンライン広告とは、インターネット上で出稿される広告のことで、リスティング広告、動画広告、メール広告、SNS広告などが含まれます。

 

マゼランの分析で得られた成果

マゼランを用いた分析により、アイフルでは以下のような成果が得られています。

広告効果の数値化による広告費の投資効率の向上

・オンライン広告とオフライン広告を統合的に分析して効果が数値化されたことで、広告施策別、顧客の流入経路別で事業成果への貢献度を数値化できた
・数値化された貢献度に基づき広告費の投資配分を見直した結果、投資効率が向上する成果が得られた

業務の効率化

・複数の広告施策間の関連性を明らかにする作業に従来は数日かかっていたが、現在は数分で完了するまでに作業時間が短縮された
・従来は属人性が高かった広告効果の分析業務、広告投資配分の策定業務において属人性が排除され、業務が標準化された

 

今後の展開

今後、マゼランの分析を活用し、アイフルでは以下に取り組んでまいります。
・事業成果に対する影響が大きい、季節要因による影響の数値化
・月次の広告投資配分の策定業務の自動化

 

アイフル株式会社 宣伝部 宣伝課 課長 北川 郁 氏からのコメント

人間の勘や経験、前年踏襲の予算策定は、基本的には「過去が正しい」から「未来もこうしよう」という考え方ですが、「過去が正しくなくなったとき」、つまり市場環境が変化したときにはこの予算策定の方法では耐えきれません。勘や経験ではなく、普段から数値で評価できていると、その数値の変化をもって「考え方を変えなければならない」というのがわかるようになります。
弊社のサービス自体は大きく変わらないので、時代の変化にいち早く気づき、対応していかなければなりません。そのためには、マゼランのような分析が必要になってくると考えています。

 

 

参考リンク

マゼラン導入インタビュー アイフル株式会社
https://xica.net/magellan/interview-post/aiful/