最適なマーケティング施策検討のための広告シミュレーション | テレビCM効果の可視化「サイカ マゼラン」

XICA magellan

03-6380-9897

10:00~19:00(土日祝を除く)

menu

最適なマーケティング施策検討のための広告シミュレーション

最適なマーケティング施策検討のための広告シミュレーション

広告シミュレーションとは?

マーケティング担当者が抱える大きな悩みの一つに、「広告予算・施策の検討」があります。広告効果を最大にするためにどのくらいの予算が必要なのか、予算を各施策にどう振り分けるか、(どのメディアに重点を置くのか)など悩みは様々かと思います。そこで活躍するのが「広告シミュレーション」です。

「広告シミュレーション」とは、広告予算に対する効果をシミュレーションすることで予算のアロケーション、メディアの検討などの最適解を割り出すことです。シミュレーションを行うことにより、どのくらいの広告予算が必要になるのか見当がつけられます。また、予算内で広告効果を最大化させるためのメデイアの組み合わせを議論する際にも役立ちます。

なぜ広告シミュレーションが重要なのか?

現状、マーケティング予算を決める際には、担当者の経験知や勘でどの施策を行うか、予算配分をどうするかを決めているケースが多いと思います。そのため、効果が表れなかった場合に「予算が足りなかった」のか、「施策自体に問題があったのか」など原因の特定が難しくなっています。その結果、「効果検証が出来ない」「最適な広告戦略を立案できない」という悩みに繋がります。

また、もう一つ、社内で施策を提案する場合に、「しっかりした根拠を示せず提案を通せない」といったケースもあります。例えば、テレビCMを実施したいが、予算が多額となるため、社内の承認が必要だが、具体的な広告効果が示せず、承認が得られないこともあると思います。

このような悩みを解決するのが「広告シミュレーション」です。「広告シミュレーション」を行うことにより、最適な予算の算定、効果的なメディアアロケーションや想定される施策の効果を可視化することができます。シミュレーションの結果を広告効果の根拠として活用することや効果・効率が高い広告施策のプランニングに利用することが可能になります。このようにマーケティング担当者の様々な悩みを解決してくれる手段として「広告シミュレーション」は欠かせなくなってきています。

最適なマーケティング施策検討のための広告シミュレーション

広告シミュレーションのポイント

これまで「広告シミュレーション」の重要性についてご紹介してまいりましたが、「広告シミュレーション」を進めていく上でのポイントをご紹介します。

−マーケティング目的・キャンペーン目標の明確化

「広告シミュレーション」を行う前にマーケティングの目的を明確にしましょう。ブランド認知度を高めるのか、それとも問い合わせや資料請求などのコンバージョンを増やすことなのか、マーケティング施策の狙いを定めておく必要があります。

目的が設定できたら、その目的を達成するためにキャンペーンの目標を整理します。例えば、リーチの最大化なのか、接触頻度を増やしたいのか、ターゲットの態度変容を促すのかなどです。どのような目標を設定することで目的が達成できるかを検討しましょう。目的を達成するために設定するのが目標です。しっかり目的と目標を区別しましょう。

キャンペーンの目標に応じて、適切なメディアチャネルの組み合わせ、メディアの使用方法等を検討します。例えば、同じYouTubeの広告でもブランド認知拡大とファンの育成とでは出稿量、出稿方法も変わります。このように「広告シミュレーション」を行う準備として、マーケティングの目的、キャンペーンの目標整理が重要になります。

−カスタマーフローの検討

広告施策を検討する上で、各メディアの役割を決めることもポイントの一つです。その際、有効なのが「カスタマーフロー」です。「カスタマーフロー」は、ターゲットがプロダクトを認知し、購買するまでの行動を可視化したものです。ターゲットがどのようなメディアに接触し、どのように意識が変わり購入に至ったのかを図示します。

「カスタマーフロー」を作成することで、それぞれのメディアの役割を規定できます。例えば、テレビでプロダクトを認知し、その後Facebookなどでお役立ち情報を目にする。そこからファン化し、店頭イベントでサンプリングをするといったカスタマーフローを策定したとします。この場合、テレビはブランド認知、SNSはファン化、店頭は購買の後押しといった役割になります。役割を決めることで自社が重要視しているポイントへ予算を投じるなどより効果的なシミュレーションが可能になります。

また、「カスタマーフロー」を作成することにより、複数メディアへの接触も明確化になります。メディアが多様化している今、シミュレーションにおいて複数メディアの接触を加味することが重要になってきています。

従来のシミュレーションは各メディアごとのシミュレーションしか出来ませんでした。そのため、メディア・ミックスによる精緻なプランニング、効果測定が課題でした。結果がわかりやすいオンラインに施策が偏ったり、各メディアごとの効果測定しか出来ず、実際の効果がわからないといった面がありました。

しかし、テレビを見たあとに、デジタルで再び広告に接触した人のほうが態度変容が大きいという事例もあります。ターゲットの行動に合わせ、「広告シミュレーション」もオンライン・オフラインを統合したシミュレーションが重要になってきています。

広告シミュレーションのまとめ

最適な広告施策の組み合わせとは何なのか?テレビCMを実施したい場合、社内承認を得る材料がないといった課題に答えるのが「広告シミュレーション」です。「広告シミュレーション」により自社にとっての最適な予算配分、メディア施策が検討できるだけでなく、可視化できるようになるため社内への説得材料としても活用できます。

しかし、現在はメディアチャネルの多様化により、シミュレーションにおいてもメディアの組み合わせやそれぞれのメディアの効果測定が重要になってきています。メディアミックスを前提としたシミュレーションを行い最適なマーケティング施策を検討しましょう。