「年末年始にテレビCMが多い企業TOP20ランキング」発表 | 株式会社サイカ

XICA magellan

03-6380-9897

10:00~19:00(土日祝を除く)

menu

「年末年始にテレビCMが多い企業TOP20ランキング」発表

株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下サイカ)は、オフライン広告(*1)領域における独自の調査・研究レポートの第5弾として「年末年始にテレビCMが多い企業TOP20ランキング」を発表いたします。これは、2017年3月1日~2018年2月28日の間で、「他の月と比べた時に年末年始のCM回数比率が大きい企業」のランキングとなります。

 

【調査結果サマリー】
● 年末にCM放送回数が最も集中する企業は「グーグル」、年末に需要が増える消費財企業のCMも集中する傾向
年末にテレビCM放送回数が最も集中した企業は「グーグル」で、月の平均CM放送回数に対して約5倍のCM放送回数でした。

 

また、以下のような消費財を提供する企業も年末に集中する傾向がありました。
・医薬品(風邪薬、胃腸薬など)
・化粧品(保湿製品など)
・オンラインゲーム
・フード宅配

 

● 年始にCM放送回数が最も集中する企業は「ユーキャン」、新習慣・新生活に関わるサービスのCMが集中する傾向

年始にテレビCM放送回数が最も集中した企業は、通信教育講座を提供する「ユーキャン」で、月の平均CM放送回数に対し、年始のCM放送回数は約10倍増となっており、今回の調査で最も高い結果となっています。

ユーキャンの他、定期購読誌を提供する「アシェット・コレクションズ・ジャパン」、有料放送の「WOWOW」、モード学園、東京通信大学などを運営する「日本教育財団」、住宅・不動産ポータルサイトを運営する「LIFULL」など、新年に合わせて新習慣や新生活に関わるサービスを提供する企業のCMが集中する傾向が窺えました。

 

尚、ランキングおよびレポートは下記のURLで公開中です。
https://xica.net/magellan/newyearholidays-cm/