データをさらに価値あるものに変える

糸島求一氏

ビジネスシーンにおいてデータはどのように活用すべきなのか。業界を問わず、データを活かして活躍している方々にお話を伺うインタビューシリーズ。今回は、技術者、コンサルタント、マーケッターとさまざまな立場でデータと向き合ってきた株式会社ココチエの糸島求一氏にデータとの向き合い方についてお話を伺いました。

転職を経験し、マーケティングの世界で生きていくという軸は固まった。

─── まずは、ご自身の経歴を教えてください。

もともと私は就職活動をしておらず、パイロットになろうと思って試験を受けていました。知り合いの広告代理店で働きながら、試験を受け続け、最終審査までいったのですが、結局落ちてしまいました。そこで、キャリアを考え直さなければならないと感じ、ベンチャー企業への転職を考えました。そのときが25-6歳くらいでした。このとき初めて自分の道が見えてきたと思います。

その後、小売業に転職をしました。そこはコンサルティングファーム出身の方が多く、まさにベンチャー企業でした。そこで初めてサイト構築からマーケティングまでを経験したんです。 この頃からマーケティングの世界で生きていくという軸は固まってきていました。

はじめの頃はナレッジがたまっていなかったので、とにかくトライアンドエラーを繰り返しながら基礎的な分析や戦略作成を経験しました。その会社で7年ほど働いた後、ザッパラスに転職し、マーケティングのリーダーとして知見を活かしながら様々な施策を仕掛けていきました。

その会社では3年間ほど働いたのですが、他にもCRM構築などに関わったり、最終的には経営周りの仕事をプロジェクトベースで担当させていただいたりしました。

その後独立をして、マーケティング、分析に関してお客様にソリューションを提供する事をしています。特にデータから見た施策に関して提供させていただいています。今後はマーケティング × ITで新しい価値を創造しながらマーケットを作っていきたいですね。

データとは、意思決定をサポートするための欠かせない素材。

─── データを利用するうえで気をつけていることはありますか?

まずは、データを疑うことです。切り分けの仕方でデータが良いものに見えることがあります。しかし深掘りすると正しくないデータだったりすることがあるんですよね。ですので、その切り分けの仕方は重要です。

そこを正しく判断するために、必ず一度ローデータ(Rawdata:加工前の生データ)を見るようにしています。そこから仮説を立てて分析に取り組むことが多いですね。時には、クライアントと一緒に仮説を立てるということもあります。どちらのやり方も正解だと思うのですが、それはクライアントによって使い分けています。客観性と主観性を交互に行き来しているイメージです。

データは過去のものですので、それぞれの意志によって活用の仕方はいろいろあると思っています。

─── では、逆に失敗するのはどのような場合でしょうか?

そもそもデータが集まっていないことが原因でうまくいかないことはありますが、データが揃っているのに失敗したということあまりないと思います。仮説に沿って、変化に気付けていればうまくいくのではないでしょうか。それができなかった場合でも、失敗と捉えるより“気づけていなかった”ことを知ることができると捉えるようにしています。

例えば、データを信用しすぎることで、うまくいかないことはあると思います。人間の動きは実際にはあまり合理的ではないことも多く、その点はデータを活用する上で懸念材料になってくることもあるでしょう。データはあくまで意思決定の素材ということを意識すべきだと思います。

─── 今後データの取り巻く環境はどうなっていくと思いますか?

IoTの時代が来ていますし、 あらゆるものがデータ化されていくと思います。しかし、使い手がそれを活用できていないのも事実です。データを“活用できる人”と“活用できない人”の二極化が進んでいく気がします。

データ分析は意思決定の素材。最終的に「人」や「組織」に行き着く

現在は自社サービスを開発しつつ、大手企業を中心にマーケティングのコンサルティングや実行支援をしている糸島氏。マーケティング出身者は社長には向かない?という言葉も出た糸島氏のインタビューは、ビジネスノマドジャーナルから読めます。

インタビューされた人

インタビューした人