株式会社サイカ、株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズと提携。統計分析ウェブアプリケーション「adelie」のプロが現場へ常駐、データ分析を活用したコンサルティングサービスの提供を開始。

株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾喜昭・代表取締役COO:山田裕嗣、以下サイカ)は、株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役 兼 社長執行役員:長井 利仁、以下IBS)と連携し、即戦力となるデータ分析担当者の現場への常駐と、データ分析に基づくコンサルティングサービスの提供を開始いたします。

サイカは、「すべてのデータに示唆を届ける」というミッションの下、統計分析の技術を用いた分析アプリケーションを提供しております。2013年10月に提供を開始した統計分析webアプリケーション「adelie(アデリー)」は、「分析の専門知識や、分析にかける時間が無い」ビジネスパーソンでも利用することができる分析ツールとして、現在は広告業界で広くご利用いただいています。

数字に基づくコンサルティングで、よりスピーディーに、より現場に沿った改善提案を。

専門知識がなくてもデータ分析を行うことができるadelieへの注目度はますます高まる中、もっと専門的な分析がしたい、もっと大量のデータの分析をしたいという声があがっていました。

そこでサイカはIBSと提携をし、専属のデータ分析担当者が現場へ常駐することで、現場でのデータ分析にさらなるスピードや正確さの向上をもたらすことを目指します。IBSに在籍する約60名のデータ分析のスキルと経験を持つWebアナリストが、サイカにてさらに研修を受け、adelieのプロとして改善を必要としている現場へ常駐します。

本サービスは、社内のデータ活用における設計を行う導入前コンサルティングから、導入後のデータ整理、実際の分析から経営改善に向けたレポート・改善提案までを一貫して支援・提案するものです。現場で必要なタイミングや予算などにあわせて、サービス範囲を柔軟にカスタマイズすることができます。これにより、データ分析担当者が不在、もしくは不足している企業においても、より手軽にスピーディーに、課題解決のためのデータ解析が可能となります。

統計分析webアプリケーション「adelie」について

「統計に現場のスピード感を」

データ分析に最も大切なのは「仮説」。この仮説を最も多く持っているのが現場担当者だとサイカは考えます。もし仮に、現場担当者がデータ分析のプロになれたら、世の中はもっとスピーディーに意図をもって変わっていくことができる。「adelie」は現場担当者のリアルな分析をサポートするために生まれました。
adelieプロダクト紹介ページ:http://xica-inc.com/service/adelie

株式会社サイカについて

サイカは、「専門知識がなくとも扱える統計分析」を目指したクラウド型のウェブアプリケーション「adelie(アデリー)」を始め、データ分析に役立つツールを提供する企業です。今までは人が頭と手(と電卓)を使って行っていた、分析の試行錯誤を自動化することで、高精度の分析結果を提供するとともにPDCAの高速化をサポートします。「adelie」の他に、営業行動に特化したカスタム分析サービス「Rockhopper Lite(ロックホッパー ライト)」を2015年6月にリリース、更に機能を拡充させた「Rockhopper(ロックホッパー)」を2015年秋にリリース予定です。
http://xica.net/

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)について

IBSは、人・プロセス・ITの変革を支援する戦略的ITアウトソーシング企業です。総合人材サービス企業インテリジェンスのグループ会社として、人材から考えるサービスインテグレーターを目指しています。インテリジェンスグループならではの、人材に関する高いノウハウを活かし、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、セールスマーケティング業務支援、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングも実施します。
http://www.ibs.inte.co.jp/

本件に関するお問合せ先

株式会社サイカ 加藤朝彦
メール:pr@xica.net