ブログ

株式会社サイカ、セールスフォース・ドットコム、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、アーキタイプベンチャーズへの第三者割当増資を実施

株式会社サイカ(本社:東京都新宿区、代表取締役:平尾 喜昭/山田 裕嗣、以下サイカ)は、米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下セールスフォース・ドットコム)、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:安達 俊久、以下 ITV)、アーキタイプベンチャーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:中嶋 淳)の3社を割当先とする総額 1 億円の第三者割当増資を実施したことを発表いたします。
今回の資金調達により、サイカはセールスフォース・ドットコムの提供するPaaS環境「heroku」を利用し、Salesforce Sales Cloudと連携した新たな統計分析アプリケーションを提供します。また、専門的な分析知識を必要としない統計分析webアプリケーション「xica adelie(サイカ アデリー)」の更なる展開を図り、より多くの人が「データを使って新しい発見をする、新しい価値を創造する」ことを目指したサービス展開を進めて参ります。

Sales Cloudと連携した統計分析アプリケーションについて

これまでにサイカは、統計分析webアプリケーション「xica adelie」およびコンサルティングサービスを提供し、営業組織の効率化・活性化のプロジェクトにおける実績を上げて参りました。今回、Sales Cloudと連携させ、Salesforce AppExchangeを通じて新たな統計分析ツールを提供することにより、セールスフォース・ドットコムの顧客企業が保有するSFAデータの更なる活用を支援いたします。

統計分析webアプリケーション「xica adelie」について

「xica adelie」は、「専門知識がなくとも扱える統計分析」を目指したクラウド型のwebアプリケーションです。今日、企業が保有するデータ量は急速に増加していますが、分析のスペシャリストの絶対数は不足しており、現存する統計分析ツールも専門知識が必要なプロユースがほとんどで、人や組織の分析能力はデータ量に追いついていないのが現状です。そのような課題を解決するべく、大多数の実務者でも統計的な仮説検証が行える「xica adelie」が開発されました。
本サービスは、統計分析の専門知識を有していないユーザーをターゲットとしているため、“直観的なユーザー・インターフェース(専門用語も排除)”、“仮説(相関しているデータの組み合わせ)の自動提案”、“分析作業・分析結果のクラウド共有”など、一般的な統計ツールには見られない特徴的な機能が備わっています。そのような強みが評価され、2013年10月の正式リリース直後より、IT業界を中心に順調なユーザー増を実現しています。

セールスフォース・ドットコム コーポレートディベロップメント シニアディレクター 倉林 陽氏のコメント

「クラウド業界において、分析系アプリケーションのニーズが確実に広がっています。サイカ社の統計分析ツールがSales Cloudと連携することにより、お客様は最適な営業活動を把握し、実行することができます。このようなSales Cloudの機能強化に繋がる今回の出資を喜ばしく思います」

株式会社サイカについて

社名     株式会社サイカ
代表者    代表取締役CEO 平尾喜昭/代表取締役COO 山田裕嗣
設立     2012年
所在地    東京都新宿区高田馬場1-7-1 フジビル2F
URL     http://www.xica-inc.com

本件に関するお問合せ先

担当:山田
E-mail:pr@xica.net