ブログ

強みを活かして自分にも周りにも良い影響を与えることができたら最高に幸せ

今回のインタビューは、CS(カスタマーサクセス)を担当する大内。社内のムードメーカーであり誰よりもサービスを理解している彼のもとには、日々、職種を問わず色々な人が集まってくる。
誰に対しても分け隔てなく心優しい彼が今まで歩んできた道のり、そしてお客さまや会社に対する熱い想いを聞いた。

強みを活かして自分にも周りにも良い影響を与えることができたら最高に幸せ-01

きっちり結果を出すことでついた自信

下城 可奈

業務内容をおしえてください。


大内 諒大

カスタマーサクセスの部署にいて、お客さまのミッション達成のためにXICA magellan(以下、マゼラン)の正しい使い方をサポートしています。

下城 可奈

具体的にはどういったことをしてるんですか?


大内 諒大

マゼランを活用するにあたり、お客さまが達成すべきミッションのために何をしたらいいのかを明確にし、自走するためのサポートをします。具体的には、導入・運用プロセスのスケジュール整理・KPIの設定等の全体設計し、推進しています。

下城 可奈

コンサルティングみたいなイメージですか?


大内 諒大

カスタマーサクセスという言葉の定義が日本ではあまり定まっていないのですが、私はコンサルティングに含まれるイメージで捉えています。コンサルティングが広義なのに対し、カスタマーサクセスは「ツールで提供できる範囲で、お客様のミッションを成功に導く」という位置づけになると考えています。

下城 可奈

お客さまにとっては、とても重要なポジションですね。


大内 諒大

そうですね。お客さまとはさまざまな情報や想いを共有しつつ、一緒に目標達成に向かって頑張るポジションですね。

下城 可奈

お客さまと共に歩んでいくのは難しい業務だと思うのですが、気をつけていることはありますか?


大内 諒大

お客様といっても様々な関係者と進めていく機会が多くて、、これが結構大変で(笑)合意がないとプロジェクトが破たん?・・・出戻りが発生するんですよね。なので、どんなに些細なことでもお客さまの合意を得ながら着実に進めるよう心がけてます。また、当たり前のことですが、お客さまから信頼される立場でなければいけないので、関係性をしっかり構築することを何より心掛けてます。

下城 可奈

お客さまとの信頼関係が必要不可欠だということですが、大内さんがお客さまと接するうえで大切にしていることはありますか?


大内 諒大

私のキャラクターを活かして、まずはいかに早くなんでも言い合える環境を作れるかに重きを置いてますね。一緒にミッションを達成するうえで、隠しごとがあるとそれによってうまくいかないこともあったりしますし、不信感を抱かれることもあるんですよね。なので、まずは自分がお客さまのことをしっかり理解したうえで向き合うよう心がけてます。

下城 可奈

確かに大内さんは親しみやすいですよね! そのキャラクターは幼いころからなんですか?


大内 諒大

実はもともと人見知りなんですよ。それをカバーするためにこういうキャラを演じてきて、いつの間にかそれが定着したんだと思います(笑)

下城 可奈

意外ですね。そこを乗り越えていくのって大変だったと思うのですが、きっかけはあるんですか?


大内 諒大

幼いころからスポーツをずっとやっていて。主に水泳とテニスをやってたんですけど。両方とも全国大会に出場していたんです。

下城 可奈

それってすごいですね!なかなかできることではないですよね。


大内 諒大

自分にとってもすごく大きなことでした。幼いころからやっていたことできっちり結果を出せたのはものすごく自信に繋がりました。

下城 可奈

その自信が人見知りからの脱却に繋がったんですか?


大内 諒大

そこで自信が持てたのは大きくて、そこから人とコミュニケーションを取ることに対する不安だったり臆する姿勢がなくなったように思います。

強みを活かして自分にも周りにも良い影響を与えることができたら最高に幸せ-02

強みは知らず知らずのうちに回していたPDCA

下城 可奈

結果を出すために、何を意識されていたんですか?


大内 諒大

当時は意識はしていなかったと思うんですけど、いま考えると目の前のライバルに勝つために、何をすべきかしっかり分析し、実行に移してまた分析して次に活かすという、いわゆるPDCAを自分なりに一生懸命まわしていたなと思います。これに気付けたのは大きな転換点かなと。

下城 可奈

「幼い時にもPDCAを回していたな」と気付くのにどんなきっかけがあったんですか?


大内 諒大

転職活動をしたことが大きかったですね。私は転職回数が多かったので、書類選考もなかなか通らず、とても苦戦してたんです。その時期に自分がどういうことを考えてきて、本当にやりたいことが何なのかということを今までの生い立ちからしっかり見つめ直す機会があって、それがきっかけですね。

下城 可奈

かなり深く考えたんですね。そこで何か見えてきましたか?


大内 諒大

今までの人生を振り返ったときに、ひとつのことを極められたのってなんでだろうと深く考えました。それで浮かんできたのは、やっぱりスポーツから得ることができた成功体験で。
例えば、水泳の練習をする前に5分でも15分でもなく10分の仮眠をすることがコンディションに良い影響を与えるとか、心拍数を150前後まで高めて泳ぐと持久力が高まるなど、様々な試行錯誤を常に行い練習から大会まで挑んだことを思い出しました。そのときに、自分が知らず知らずのうちにしっかりPDCAをまわしていたんだなということに気づけたんです。

下城 可奈

それに気づく前後で何か変化はありましたか?


大内 諒大

それが自分の強みなんだと再確認できたこと自体が大きかったと思います。意識して自分の強みを活かせるようになったことで自信にもなっていますし、それを活かして自分にも周りにも良い影響を与えることができたらいいなと思っています。

下城 可奈

他に転機になった出来事はありますか?


大内 諒大

インターネットと出逢ったことですね!

下城 可奈

初めてインターネットに触れたときの印象って覚えてますか?


大内 諒大

1990年代半ばかな? まずチャットと出逢って。それまで北海道でしか生活したことなかったので、それ以外の場所の人と繋がることがなかったんです。でも、チャットをやり始めて、「うわぁ!!全国の人と繋がれる!!」と、本当に衝撃が走りました(笑)

下城 可奈

たしかにインターネットが世の中に与えた衝撃は大きかったですよね!チャット以外に何かやっていたんですか?


大内 諒大

チャット以外だとオークションにハマっていました。自分が着ていた服や遊んでいたゲームを中古品として売ったり、流行っていたドラマの主人公が身につけてるものと似たようなものをショッピングモールで探して、オークションにかけてみたり。自分がミーハーだったのもあって、そういうものが出品されていると自分も「欲しいな」と思っていたんです。そこで、全国には他にもこういう人がいるんじゃないかな?と思って。

下城 可奈

その思考の転換はすごいですね。それって実際に売れるんですか?


大内 諒大

それが意外と売れるんですよ。ただ、コメントによって閲覧数や購買数とか入札の勢いが変わってくるんですよね。なので、コメント欄を充実させたりして、より良い結果がでるようにトライ&エラーを何度も繰り返すのがすごく面白くて。

下城 可奈

そのときもやっぱりPDCA回してるんですね!


大内 諒大

そうですね、しっかり回してました(笑)改善を重ねながら、自分がアクションすることによって、より多くの人からの反応があることがとても面白かったですね。そこからどんどんインターネットに魅せられて。それは、社会に出てからもその想いは変わらなくて、このマーケティング業界で仕事をするきっかけでもあり、今でも楽しく仕事ができていますね(笑)

下城 可奈

相手の感情や反応をみることにすごく興味があるですね! そこに興味を持ったきっかけってあるんですか?


大内 諒大

人の気持ちを考えられてなかったんだと気付いた時ですね。高校生の時にふと「あれ?自分友達少なくない?」と思ったことがあって。

下城 可奈

それってどんなときに思ったんですか?


大内 諒大

高校に入学したばかりの時って、まだ中学校時代の友人と集まったりするじゃないですか。自分はそれが無いことに気づいたんですよね。遊ぶ相手いないなって。なんでだろうって考えたときに、自分が人の気持ちを理解できていなかったからだと気づいたんです。そこからガラッと性格が変わりました。良い意味でも悪い意味でも人の気持ちや感情を気にするようになりました。

下城 可奈

気づいて、誰かに相談したりしたんですか?


大内 諒大

しなかったですね。それまでも基本的にすべてひとりで決めていたので、そこはひとりで悩んで解決しました。昔から自分で抱え込む性格なんですよね。でも、サイカに入ってからは人に相談することが大事なんだなと気づきました。他の誰かに相談することで新たな発見もあるんだなと。

下城 可奈

なるほど。そういうことに気づけたサイカに入ろうと思ったきっかけはなんでしたか?


大内 諒大

前職で課題と思っていたことをサイカであれば解決できそうだと感じたからですかね。前職は広告を配信するツールを提供してたんですけど、広告って評価することが難しいんですよね。いまのやりかただけだと限界があるなって考えてたときに平尾さんと出逢う機会があったんですよね。その時は飲み会だったんですけど、彼はずっと自社のツールの話をしていて(笑)

下城 可奈

え?飲みの場ですよね?(笑)


大内 諒大

そうなんですけどね。途中で参加したら平尾さんがPC開いて説明していて(笑)でも、その時の話を聞いてすごいなと思ったし、視野が広かったんです。前職ではデータ分析といっても部分的な分析しかしてなかったけど、統計分析アプリケーションツールを提供しているサイカ独自のポジションは、あらゆる広告データが集まり部分的ではなく全体を俯瞰して分析ができる。しかも、広告以外も考慮できるってダイナミックだなと思ったんですよね。

下城 可奈

その時の平尾さんのイメージで印象に残っている部分ってどこですか?


大内 諒大

勢いがすごかったですね。ピュアに目指しているものが大きいというか。普通の人じゃ「これって本当にできるのかな?」って思うようなことも絶対にできると信じていたんですよね。自分は小さな目標をコツコツやっていくタイプだったので、あれだけ大きな目標を掲げた平尾は真逆で。だからこそ惹きつけられましたね。業務内容もすごく魅力的だったのですが、純粋に平尾さんと一緒に働きたいなと思いました。

強みを活かして自分にも周りにも良い影響を与えることができたら最高に幸せ-03

組織のため、会社のために自分がどうあるべきか

下城 可奈

実際にサイカに入ってみてもう3年目かと思うのですが、入ってからできるようになったこととかありますか?


大内 諒大

それまで営業しかやってこなかったんですが、チームワークというより個人でやらないといけないことが多かったんです。それがサイカに入ってから、一緒にプロジェクトを回すのに、周りの人と連携しながら自分でチームをつくることになって。そこの感覚って今まで個人で突っ走っていた自分としては無かった部分なので新鮮でした。

下城 可奈

個人から団体になったわけですね!


大内 諒大

そうですね(笑)なので今までとは違う感情も生まれていて。組織のため、会社のために自分がどうあるべきか、何をすべきかをものすごく考えるようになりました。

下城 可奈

それは大きな変化ですね。ちなみに今のチームは大内さんとしてどういう印象ですか?


大内 諒大

今のチームは非常に良いと思います。やっぱりなんでも言い合えるって関係が大事だと思っていて、そこはしっかりできているかなと。あと強いて言うなら感情の部分をもう少し押し出しても良いかなと。衣川さんが入ってきてすごく良くなったんですけど、もう少しみんな正直でも良いのかなと思っています。みなさん良い人なんで、相手のこと気にしすぎちゃったりしてるのかな。それが自然にできているのも素晴らしいことだとは思いますし、良いチームなんですけどね(笑)

下城 可奈

これからチームはどんどん成長していくと思うのですが、そのなかで大内さん自身はどうなっていきたいとかありますか?


大内 諒大

それで言うと、無いんですよね。小さい目標をコツコツやっていくタイプなので、先の大きな目標ってあまり考えられなくて(笑)ただ、いま目の前で必ず達成したい目標は「お客さまのミッションを達成させる」ということ。それができたときに次が見えてくると思うんですよね。

下城 可奈

今までもそういった感じだったんですか?


大内 諒大

そうですね。正直スポーツだって、「全国大会に出場するぞ!!」とか「オリンピック選手になるぞ!」みたいな目標は一回も掲げたことなかったんですよ。まずは目の前のライバルを倒すことが優先。その次は自分がいた市町村のライバルを倒す。その次は北海道、その次は全国…といった感じで最終的に全国たどり着いた感じだったんです。勉強も一緒でした。高い目標とかなりたい姿もものすごく大事だと思うんですけどね。自分は目の前のことをコツコツやって達成し続けることが向いてるんです。

下城 可奈

燃え尽き症候群になったりしないの?


大内 諒大

常に上みてるのでそれはないです!一つ達成したら次!それも達成したらその次!ってそれを繰り返す(笑)なので、自分としてはお客さまの大きなミッションをクリアするために目の前の小さなミッションをコツコツ達成していくことが大事だなと思っているし、そこはしっかり意識したうえでお客さまと向き合っています。

下城 可奈

では、最後に「才能開花」という言葉を大内さんはどう捉えてますか?


大内 諒大

一見、誰でも知ってる言葉だし、実現可能な気もしますが、いざ本気でその言葉と向き合うと、実現するのが難しい言葉だな~って思ってるんですよね。
どういうことかと言うと、この単語は、「才能に気づくこと」と「それを開花させること」に分かれるんですよね。そうしたときに、自分は前者の「才能を見つける」ほうが難しかったんです。どの分野が得意で、潜在能力がどんなものなのかに気づくことって簡単なようですごく難しいし時間を有するんですよね。顕在してないので。
でも、これはできるだけ早く見つけられたほうが良いと思うんですよね。
早く見つけられれば見つけられるほど開花も早くなっていくし、より周りに貢献できるようになるだろうと思うんです。なので才能開花とは、「自分の潜在能力に早く気づいて伸ばしてあげること」だなと思っています。自分もまだ完璧に見つけられているわけではないですけどね(笑)

下城 可奈

それを踏まえて、大内さんの才能開花ってなんだと思いますか?


大内 諒大

いまはとにかく、自分の強みを活かしてお客さまのミッションをきちんと達成させることができることです。adelieのときは営業は私だけだったので、比較対象がいなくてどこが自分の強みを考えたことが無かったんです。でも、いまはメンバーも増えて、いろんな方々と仕事するなかで自分の強みも明確化されてきたし、その活かし方も分かってきたので、その強みをフルに活かすことがお客さまが幸せになると思っています。そこで自分の強みを活かしつつお客さまのミッションを完遂させていけるという状況になっているって素敵なことだなと思っていて。
そういうなかで、お客さまの潜在的な才能を引き出すことができたり、更に私自身の潜在的な才能を見出すことでお客さまと一緒に成長していくことができれば、それが最高に幸せな瞬間ですね。

インタビューを受けてみて

大内 諒大

私がこのインタビューを一番読んでもらいたいと思っているのは、担当しているお客さまですね。普段ここまで話すことはないので私を知っていただけるチャンスだと感じています(笑)
読んでいただいた際には、ミーティング中にいじりたおしてください。華麗に突っ込みます。