社員紹介

下城 可奈 CR(HR&PR)

今までIT業界・Web業界・人材業界にて、営業・秘書・キャリアアドバイザー・人事と様々な経験をしたのち、2016年にサイカにジョイン。入社の決め手は面接でお会いした方々の人の良さと、この人達と一緒に働きたいと思わせてくれる社員の存在。現在はサイカの採用&広報担当として価値を発揮できるよう日々奮闘中。

インタビュー

どこにいようが何をしていようがずっと「人」に寄り添っていきたい

今回のインタビューは、人事や広報を担当する下城。オフィスで見かけると、常に誰かとコミュニケーションを取っている。「 “人”を軸に仕事をしたい」という彼女らしい働き方である。
営業・秘書・人事…さまざまな経験をした彼女がいま想うこと、そしてこれからについて話を聞いた。

どこにいようが何をしていようがずっと「人」に寄り添っていきたい-01

だれかのために生きるのも悪くない

山田 裕嗣

いまの業務内容を教えてください


下城 可奈

メインは人事の採用業務です。それとは別に広報担当として業務をしつつ、それらに関連するあらゆる物事の対応をしています。

山田 裕嗣

これまでのキャリアはどんなキャリアだったんですか?


下城 可奈

社会人になってからは、販売、営業、秘書、そして、いまのキャリアにも繋がる人材紹介の営業とキャリアアドバイザーを経験して人事をやっていました。

山田 裕嗣

さまざまなキャリアチェンジをするなかで、いまの業務の基盤となったのはどこですか?


下城 可奈

人材紹介の経験ですね。それ以前から人事には興味があったのですが、その想いが具体化したのはその時でした。営業とキャリアアドバイザーを経験し、さまざまな候補者と触れていくなかで、「この人たちが入社後どんな壁にぶち当たってどう成長していくのかを近くで見つつ支えられる存在になりたい」という想いがより強くなったんです。

山田 裕嗣

そう思うようになったきっかけ、人生の転換点はどこにありますか?


下城 可奈

大学受験に失敗したときですね。自分の基本スタンスが確立されたのがこの時期で。中学くらいまでは親が用意してくれた道に従うことが自然だったし正しいと思っていたんです。でも、高校くらいからそういう生き方が間違いだったんじゃないかと思ったりして…。まさに反抗期真っ只中で好き勝手やっていたので、当たり前のように大学受験にも失敗して、お先真っ暗になって途方に暮れて。

山田 裕嗣

インパクトとしてはかなり大きかったと思うのですが、それが転換点になったのはなぜですか?


下城 可奈

好き勝手やってきた結果、受験に失敗して、家中が暗い雰囲気になって。こんなことは初めてで。これって私が望んでたことなのかなと。このままだと私は生きている価値がないのかもしれないとまで思っていて、そこから自分の人生というものについて初めてリアルに考えたんですよね。

山田 裕嗣

その経験から変わったことってどんなことですか?


下城 可奈

思考が変わりました。当時じっくり考えて出した結論が「誰かのために生きるのも悪くない」ということ。そう思えてからは肩の荷がおりました。

山田 裕嗣

それはどうして?


下城 可奈

私が親の提示した道を歩んできたのは、親に喜んでもらいたかったと気付いたからなんです。それが何故だろうと振り返ってみたら、幼いころからずっと、自分よりも家族のために力を発揮することが多かったんですよね。

山田 裕嗣

そう思えてからは何か行動が変わったんですか?


下城 可奈

大学以外の道も模索していたのですが、親が喜ぶのであれば浪人してでも大学に行こうという決心ができました。

山田 裕嗣

自分の幸せがないがしろになりそうだけど、そこはどうだったんですか?


下城 可奈

そのとき腹落ちしたのが、「周りがHappyでいることが、自分のHappyに繋がる」ということだったんです。私は自分含め、自分の周りの環境が明るい状態が好きなんだなと。そうなると、周りの人達がHappyであることが絶対条件なので、その構図ができあがったときにものすごくスッキリしました。

山田 裕嗣

そこでちゃんと腹落ちできたんですね。実際に大学に入学してからはどんな大学生だったんですか?


下城 可奈

みんなでできる楽しいことを見つけては企画する係でしたね。飲み会やボーリング大会を頻繁に企画していました。

山田 裕嗣

そこでもやっぱり良い環境づくりを自主的にやっていたんですね(笑)


下城 可奈

そうですね(笑)やっぱりそこに落ち着きましたね。

どこにいようが何をしていようがずっと「人」に寄り添っていきたい-02

幼いころからずっと変わらない父への憧れ

山田 裕嗣

その当時って、理想の社会人像みたいなのってあったんですか?


下城 可奈

最低でも定年まで仕事が出来る女性が理想像でした。

山田 裕嗣

なんでそう思っていたんですか?


下城 可奈

父が経営者で母が専業主婦なんですけど、昔からずっと憧れていたのは父のほうだったんです。母のことは尊敬していたし大好きですけど、私は母のようにはなれないなと。外に出るほうが性に合っているので。

山田 裕嗣

それはいまだに変わってないの?


下城 可奈

変わってないですね。そもそも父とは性格がすごく似ていたのもあったし、娘の私が言うのもなんですが、昔からとにかくカッコ良くて。いまも変わらない父のカッコ良さって私の求めるものだったりするんです。なのでそこに近づきたいという憧れはいまだにありますね。

山田 裕嗣

父親への憧れってすてきですね。他に人生に影響を与えたエピソードはありますか?


下城 可奈

人材系の会社に転職したことですね。それまでと大きく異なったのが自分のフィールドではない世界に飛び込んだので、この経験はとても大きかったです。

山田 裕嗣

それはどういう意味で?


下城 可奈

それまでは自分が好きだったり得意な分野での仕事が多かったのですが、人材は違ったんです。必要な知識や経験が圧倒的に不足していて、即戦力として使えたスキルはテレアポのスキルぐらい(笑)自分が持っている情報量も圧倒的に少なくて、最初の1年くらいは売り上げも全然上がらなかったんですよね。

山田 裕嗣

その時の自分を客観的に見るとどう思います?


下城 可奈

ものすごく面倒臭くて、扱いづらい奴(笑)周囲のみなさんはいろいろとアドバイスをくれてたんですけど、当時の私はプライドだけは異常に高くて、そういった意見に耳を傾けようとしなかった。自分ができないということを認めたくなかったんですよね。

山田 裕嗣

それっていまだから分かる姿じゃないですか。自分ではなかなか気付けないと思うし、そんな状況で気付くことができたのはどうして?


下城 可奈

いろんな人からいろいろ言われ続けてたのはベースにあるんですけど、そのなかでも、本当に私のことを変えようとしてくれた先輩がいて。本当に色々やっていただいたのですが、結局その方がマネジメントしているチームで私は実績を出すことができていなかったんです。
そんなときにある出来事があって。

山田 裕嗣

どんな出来事があったんですか?


下城 可奈

当時仲が良かった同僚から、その先輩が私のことを心底心配してくださっていたことを聞いたんです。そこまで考えてくれる人ってなかなかいないので、本当に心に刺さって。いままで自分は何をしてきたんだろう、自分のことしか考えられてなかったなと。でも当時はチームも変わる時期で、どうやったら恩返しできるんだろうと。

山田 裕嗣

そこまでガラッと変わるのは難しいかなと思うんですが、どうしてできたと思いますか?


下城 可奈

幼いころから、とにかく周りに迷惑をかけちゃダメ、周りを悲しませることはダメという想いがあったからですね。自分だけのことであればそこまで変わらなかったと思うんですけど、それが自分以外の誰かに向いたときにようやく理解できたんです。

山田 裕嗣

そこから意識してやり始めたことはあるんですか??


下城 可奈

自分ができないことを認めることですね。ものすごく悔しいことだったけど、それを認めることによって意識も行動も変わったし、何よりラクになりました。それまで張りつめていたものが徐々にほどけていって、周りも許容してくれるようになって。

山田 裕嗣

そうやって自分を見直して、最終的に実績は上がったんですか?


下城 可奈

上がりました。新しいチームになってから月間MVPも獲れたりして。
そのときの売り上げの大部分がその先輩から引き継いだ案件だったので嬉しかったのを覚えています。少しだけだけどようやくその先輩や組織に恩返しができたなと少し安心した瞬間でした。

山田 裕嗣

この経験って仕事だけでなく、人と接するうえでのスタンスも変わりそうですね。


下城 可奈

そうですね。人と接するうえで自分が見えている部分は本当に一部でしかないんだと思うようになりました。仕事に対しても人に対しても、いろいろなことを偏見無く聞き入れることが大切なんだなという意識になりましたね。

サイカに入社して変わったスタンス

山田 裕嗣

そういったスタンスになった後さらに自身が変わった出来事はあったんですか?


下城 可奈

サイカに入社したことですね。

山田 裕嗣

意外ですね。何が変わったんですか?


下城 可奈

年齢もあると思いますが、いまはメンバーや組織にどうやったら貢献できるのかを本気で考えられるようになっているんですね。正直ここまで思い入れが強くなったのは初めてです。

山田 裕嗣

それはなぜ?


下城 可奈

まずサイカにいる人が好き。本当にさまざまな個性の人が集まっているんですけど、共通して言えることは、みんな真っ直ぐで素直な人ばかりということ。どの人と話していても「いいなぁ、力になりたいなぁ」と思えるって私にとっては願ってもない環境で。しかも会社としてそれぞれの個性を尊重することを推進しているので、本当に素敵だなと。

山田 裕嗣

人の良さだけでなく会社に対しても思い入れが生まれたの?


下城 可奈

そうですね。これまでも同僚には恵まれていて、個人と向き合うこともたくさんしてきましたが、いまは会社の考えにも共感できていることが大きいですね。サイカに貢献したいなと思えています。組織単位の目線が加わりましたね。

山田 裕嗣

組織単位での目線?


下城 可奈

いままでも個人のことを考えることが多かったんですが、そこで終わりだったんです。いまは、その人も働きやすくて、周囲を巻き込んだときに良い相乗効果が生まれる環境ってどんな状態なんだろうということを考えるようになっていて、それっていままでには無い感覚だと思ってます。

山田 裕嗣

将来こうなりたいというところから逆算して頑張りたいタイプと、目の前の次のステップが面白そうだからそこを次々にこなしていくタイプと両方いるじゃないですか。それで言うと下城さんはどちらですか?


下城 可奈

私は基本的に後者なんですよね。これをやったら面白そうとかこれができたらカッコイイというものを少しづつ身につけていくタイプ。でも今回の出来事に関しては、前者の逆算パターンで、山田さんに気付かされたものなんです。

山田 裕嗣

どういうことですか(笑)?


下城 可奈

以前、個人視点か組織視点かみたいなお話をさせていただいたときに、そういう物事の見方が大切だなと思って。個人の視点もしっかり持ちつつ組織視点で物事を判断できるようになったら人事として本物だなと。そこまで行くにはまだ時間がかかると思うんですけど、いまの私には組織目線の強化が大切だなと思ったんです。

山田 裕嗣

その視点を意識した先にどうなってたいというイメージはあるんですか?


下城 可奈

個人にずっと寄り添い続けるという想いは残しつつ、人事として組織だったりを経営視点で俯瞰して見たいという想いが芽生えています。

山田 裕嗣

その俯瞰して見たいモチベーションの源泉ってなんですか?


下城 可奈

父ですね。父が見ていた世界を見てみたいです。

山田 裕嗣

自分が同じような立場になりたいって思うことはあるんですか?


下城 可奈

正直分からないですね。大学を卒業するときに父に「会社を継ごうか」と持ち掛けたこともありましたが、その時は全然深く考えていなかったし、いまそこまでの器が自分にあるかというとそうは思わないので。

山田 裕嗣

どこかでチャレンジしたいと思ってる?


下城 可奈

最終的にはできたら面白いだろうなとは思います。恵まれていることに、親戚にも起業家が多いので、いろいろ見てきていると思うし、いろんな経験もしてこれたと思っているので。

山田 裕嗣

人材系の職種に関わっていると、良くも悪くも自分を相対評価できるじゃないですか。それでまだだなと思ったの?


下城 可奈

それはありますね。いろんな人達を見てきたからこそいまの私ではできないと思います。

山田 裕嗣

それまでのステップとしていまやっていきたいことってなんですか?


下城 可奈

いまはまだ、社員と密に関わっていくところをやりたいと思っています。まだ社内のみなさんのことを全然知らないと思っているので。サイカのメンバーについて教えてくださいって言われたときに、それぞれ3時間くらいづつ語れるようになっていたいです(笑)

どこにいようが何をしていようがずっと「人」に寄り添っていきたい-03

まわりの人を幸せにしたい

山田 裕嗣

では最後に、下城さん自身が「才能開花」という言葉自体をどう捉えていますか?


下城 可奈

まず才能というものは、いままでの経験値の集合体のなかで秀でたものだと思っています。それに気付いて、そのスキルで周りの人を幸せにできたときが才能開花だと思っています。

山田 裕嗣

才能開花をそう捉えたときに、下城さんが今後増やしたい経験値ってなんですか?


下城 可奈

より多くの人と接していろいろな領域の知見を増やすことですね。人間って結局、狭い世界で生きていることが多いので、そこを広げることが大事かなと思っています。やっぱり人から受ける影響だったり人から学ぶことってものすごく多いと思うんですよね。

山田 裕嗣

やっぱり人に向かうのが下城さんらしいですね(笑)


下城 可奈

そうかもしれないですね(笑)ベースは絶対“人”ですね。どこにいようが何をしていようが人のことはずっと考えていきたいと思っています。

山田 裕嗣

では、下城さんにとっての才能開花とはなんですか?


下城 可奈

私の名刺の裏に「XICAのファンを増やす!XICAに関わる人々をHappyにする環境づくりを!」と書いているのですが、私の才能開花となると「XICA」の部分が「私」になった時かなと。「私に関わる人がHappyになる環境づくり」ができた!!と実感した時が私の才能開花だと思います。

山田 裕嗣

ありがとうございました!

インタビューを受けてみて

下城 可奈

普段は人に質問することが多いので、いざ自分事となると難しいですね(笑)あまり考えがまとまっていなかったことでも、綺麗に引き出していただいて感謝しています。「三つ子の魂百まで」という諺がありますが、根底の部分って本当に変わらないものなんだなと思いました。
今回改めて、一生「人」を軸に仕事していこう!と思えました!ありがとうございました!!