年間560万ドル増収も実現できる!
アトリビューション分析国内・海外事例集



皆さん広告の評価はどのように行っていますでしょうか?弊社も多くの企業のマーケターとお話をさせて頂きますが多くの企業がオンライン広告であればラストタッチベースのCPA評価、TVCMを代表とするオフライン広告であれば投下した金額に対して売上がいくら上がっているかという直接的な効果のみで広告を評価しているところがほとんどです。

しかし1人のユーザーが複数のデバイスを使い分け、複数のメディアに触れることが当たり前になっている現在で直接的な効果だけで広告を評価すると間接効果が多くあるが直接的な効果が低い施策をやめ、直接的な効果が出やすい広告に予算が集中するということが起こり、結果として成果数が頭打ち又は先細るという現象が発生します。

成果数が頭打ちになる理由は簡単で、間接効果が多くある施策、すなわちユーザーが商品を最初に認知する施策をやめてしまうためそもそも商品を知っている人が増えず、直接的な効果すなわち刈り取り施策だけになるためです。

上記のような現象を解決するために、直接効果だけではなく間接効果も考慮した広告の評価の仕方をアトリビューション分析と言います。本資料ではアトリビューション分析を行ったことで成果が出た国内及び海外の事例をまとめてご紹介します。

こんな課題をお持ちの方必見

  • 1. 動画広告やSNS、テレビCMなどの認知系メディアの評価に困っているマーケター
  • 2. 認知系メディアへの最適出稿金額に迷われているマーケター
  • 3. CPAだけの評価で満足しているマーケター
  • レポートイメージ-1

    本資料目次

  • 1. はじめに
  • 2. オンライン広告に注目した事例
  • 3. TVCMに注目した事例
  • 4. 全体最適に注目した事例
  • 5. チラシに注目した事例
  • 6. SNSに注目した事例
  • ご登録後、すぐにダウンロードができます。