より確かな広告の評価を行うための
エクセルを用いた重回帰分析の方法



「CPAの評価だけでは刈り取り施策に評価が偏り広告を正しく評価できていないのでは?」「トレンドの影響や競合の影響もあるなかでCPAだけで評価するとそれはたまたまだったのではないか?」…このようにCPAだけの広告評価に問題を感じる人は多いのではないでしょうか。

本資料はそんな人、特にTVCMを代表としたオフライン広告や競合や気温などの外部要因を考慮して広告を正しく評価したいと思っている方に統計分析の一つ重回帰分析を用いてより確かな広告の評価を行う方法を方法をわかりやすく簡単にまとめた資料となっています。数式は一切出てきませんので文系の方でも理解できる内容となっています。

エクセルで重回帰分析をどのようにやるのか、その読み解き方をまとめていますので実際に自分で分析を行ってみることでCPA評価ではわからないより確かな広告の評価の仕方を身につけることができます。

レポートイメージ-1

こんな課題をお持ちの方必見

  • 1. CPAのみで評価する広告評価指標に限界を感じている方
  • 2. TVCMを代表とするオフライン広告の効果を加味してオンライン広告を評価したい
  • 3. 曜日や天候などプロモーション施策以外(外部要因)の影響が強いため、外部要因の影響も加味してオンライン広告を評価したい
  • 本資料目次

  • 1. 分析ツールのセットアップ
  • 2. 分析をしてみよう
  • 3. 分析結果の見方
  • ご登録後、すぐにダウンロードができます。