CPA評価からの脱却。オフライン広告も含めた広告効果分析の仕方

ラストクリックだけでの広告評価では今以上の費用対効果をなかなか実現できない。費用多くかかるTVCMや動画広告を代表とする認知施策に関して間接効果を正しく評価できていない。こんな声を多く耳にすることが多くなってきました。

本ミニセミナーではラストクリックベースでのCPA評価では評価できないTVCMを代表とした認知施策をどのように評価すればよいか。その方法をオンライン広告は勿論のこと、オフライン広告などの間接効果を加味しながら広告の評価ができる分析ツール XICA magellanをご紹介させていただきご説明させて頂きます。XICA magellanを用いた分析事例も合わせてご説明させていただきます。

開催概要

日時
・4月13日(金) 16時00分~17時00分(受付開始 15時40分~)
・4月17日(火) 16時00分~17時00分(受付開始 15時40分~)
・4月24日(火) 16時00分~17時00分(受付開始 15時40分~)
・4月26日(木) 16時00分~17時00分(受付開始 15時40分~)
・4月27日(金) 15時30分~16時30分(受付開始 15時40分~)
対象
事業会社のweb広告担当者、責任者
※ 広告主様を対象としていますので、それ以外の方はお断りさせて頂く場合があります。
参加費
無料
定員
1日3社限定
※申込者多数の場合には抽選とし、お断りさせていただく場合があります。また、1社から複数の方のお申込みがあった場合、2名様までの参加とさせていただく場合がありますので、あわせてご了承ください。
会場
株式会社サイカ
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-2 TASビル3F
最寄り駅:
・東京メトロ 神保町駅 A2出口から徒歩5分
・JR各線 水道橋駅 西口出口から徒歩5分
主催
株式会社サイカ

セミナー内容

  1. サイカのご紹介
  2. XICA magellanで解決できること
  3. 事例のご紹介

こんな方にオススメ

  • CPA至上主義から脱却したい方
  • 間接効果を踏まえて広告の評価をしたい方
  • オンライン広告は勿論のこと、オフライン広告の評価もしたい方

参加者の声

interviewee

今までデジタル施策はCPAで評価していて漠然と間接効果みたほうがいいのかなと思っていたのが、やっぱり間接効果見たほうが成果上がるよな、そうだよなとなったのは良かった。さらに交通広告などのオフライン広告の評価がなかなか難しかったがそのやり方もわかり非常に良かった。(健康食品会社)

interviewee

テレビCMの評価は今までどのくらい出稿したことでアプリのインストール数又はアプリでの売上がどのくらい上がったかを見るだけだったか、このセミナーに参加して直接的な効果だけでなく、ほかのデジタル施策への影響など統合的に考えていくほうが成果が出るということがわかり良かった。(ファッションアプリ会社)

interviewee

今までテレビCMの評価は電話のコール数だけで評価されていたが最近昔よりコール数が上がらず、どうすればいいか課題だったかこのセミナーに参加してテレビCMを正しく評価するにはデジタル施策への影響をちゃんと可視化しないといけないということが分かり非常に勉強になった。(ダイレクト通販会社)

interviewee

広告施策が実店舗への送客につながっているかは今まで見れないと割り切り評価していたが、このセミナーに参加して実店舗への送客につながっているのかをちゃんと評価する方法があることがわかり非常に良かった。(高級時計販売会社)

interviewee

オンライン広告とオフライン広告の最適な予算配分は長年の大きな課題であったが、このセミナーに参加することでどのように分析すればそれが見えてくるのかが分かったのは非常に良かった。実際に広告分析において分析ツール導入を検討してみます。(動画アプリ会社)

interviewee

これから今まで実施していなかったテレビ広告や動画広告を積極的に行っていこうと思っていたため、テレビ広告や動画広告というCPAでは判断できない施策をどのくらい出稿するのが成果最大化するのかがわかるということがわかり良かった。(金融会社)

講師のプロフィール

お申し込みフォーム