ニュース

サイカ×エスワンオーインタラクティブ「統計分析アプローチによる広告施策の評価・最適化を目的とした戦略的業務提携」—オンライン、オフライン双方の広告施策が顧客行動に与える影響を可視化—

株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭/代表取締役COO:山田 裕嗣)は、株式会社エスワンオーインタラクティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淵上優)と2015年9月よりパートナーシップを組み、統計分析を活用したアプローチによるオンライン、オフライン双方の広告施策の評価と、それをもとにした広告施策の最適化支援を行います。

背景と目的

近年、デジタルマーケティングの台頭や、デジタルと連動性を持たせたTVCMの展開などにより、広告のクロスメディア化がより一層進行しています。また、デジタルマーケティングにおいても、デバイスの多様化により、クロスデバイスでのユーザーの動きが増え、広告主にとっては、各広告施策の影響を評価し、その結果をもとに施策を最適化していくことが困難になっております。

今回、トレーディングデスク事業を展開するエスワンオーインタラクティブと提携することで、オンライン・オフライン双方の広告施策が顧客行動に与えた影響を把握することを容易にします。そして、その分析結果に基づいた広告施策の予算配分・出稿媒体・ターゲット・クリエイティブなどを最適化し、メディアやデバイスを横断したPDCAサイクルの確立を目的とします。

両社の役割

オンライン広告の最適化

エスワンオーインタラクティブは、トレーディングデスク機能を有しており、統計分析をもとにして得られた結果をもとに、最適な媒体選定、予算配分、ターゲットとクリエイティブの設計など、戦略的な広告ソリューションを提供いたします。

広告施策の影響の評価

サイカは、統計分析ツールと統計分析コンサルティング機能を有しており、広告施策やその他外部要因が広告主のプロモーションに与えた影響を分析します。

これまでの実績

リリースに先行し、2015年9月にグローバルに事業展開をされている損害保険会社様のプロモーションに統計分析アプローチを採用いただき、TVCM出稿量、オンライン広告の掲載数値などの各プロモーション施策や、その他の外部要因が顧客の保険加入検討に与えた影響を分析いたしました。

プレスリリース

今後もより両社の知見をもとに、パートナーシップを強固なものとし、顧客のオンラインマーケティング活動を支援するとともに、セミナーなどを通じて定期的なインサイトをリリースしてまいります。

エスワンオーインタラクティブについて

エスワンオーインタラクティブはアドテクノロジーを活用した次世代エグゼキューションカンパニーとして、「Consulting」x「Analysis」x「Operation」※という3つの要素を兼ね備えたトレーディングデスク事業を展開しております。
※運用プラットフォームの選定/オーディエンス設計(DMP構築)/設定/入札/運用/分析/検証/施策改善/データ(収集・解析・活用)/レポート

会社概要

商号     株式会社エスワンオーインタラクティブ
所在地    東京都千代田区四番町6番
代表者    代表取締役社長 淵上 優
事業開始日  2011年11月
資本金    15,101,000円
事業内容   トレーディングデスク事業
URL     http://s1o-i.jp/

サイカについて

サイカは「専門知識がなくとも扱える統計分析」を目指しており、多くの場合に人力で行う分析の試行錯誤を自動化することでPDCAの高速化をサポートする[adelie]や営業行動の分析に特化した[Rockhopper]など、現場のビジネスパーソンがスピード感を持ってデータを活用できるクラウド型ウェブアプリケーションを提供しています。

会社概要

商号     株式会社サイカ
所在地    東京都千代田区神田神保町2-22 神保町カンナビル3F
代表者    代表取締役 平尾 喜昭/山田 裕嗣
資本金    185,154,700円
事業内容   プロダクト開発事業、コンサルティング事業
URL     http://xica.net

本件に関するお問合せ先

担当:岩澤利貢・加藤朝彦
E-mail:pr@xica.net

ニュース一覧へ