[スペシャリストに聞く]ウィルエイド株式会社・近藤 英倫氏

Tポイント分析から見えたデータのプロフェッショナルとは

近藤英倫氏

ビジネスシーンにおいてデータはどのように活用すべきなのか。業界を問わず、データを活かして活躍している方々にお話を伺うインタビューシリーズ。今回は、ウィルエイド株式会社代表の近藤英倫氏にデータとの向き合い方についてお話を伺いました。

独立を断念するほどにビッグデータの可能性に魅せられてしまった

─── 独立を断念するほど…!?

ファーストキャリアは沖電気工業株式会社でした。データに基づいた開発などしていたのですが、入社して2年目くらいから将来的には独立したいと考えるようになりました。技術者としてのスキルだけではなく事業全体を俯瞰できるようになりたいと思っていたんですね。そこでMBAを取得し、その後、経営コンサルティング会社を2社経験することになります。どちらの会社でも、データを分析することによって経営を改善するためのヒントを導き出すことに専念していました。

ふたつのコンサルティング会社で気付いたのは、データの分析から得られる未来へのヒントがとてつもなく大きいということです。そのころもやっぱり独立を考えていたのですが、データの分析の可能性に魅せられてしまって、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下、CCC)に転職することにしたんです。

ご存知の通り、CCCにはTポイントというサービスがあります。ユーザーへは、ポイントがおトクに貯まるサービス。企業へは、Tポイントのデータをマーケティングに活かすサービスを提供しています。私はマーケティングや小売業には明るくありませんでしたが、それまでの経験で培った定量分析や論理的思考を活用できることが功を奏していました。技術者、コンサルタント、データベースマーケティングと渡り歩いてきた方はあまりいないので、そこはキャリアを活かした私の強みだと思っています。

データ分析者のふんばりどころは、実は分析そのものではない

─── そもそもデータから未来のヒントを得るとはどういうことなのか教えてください

データ自体にも価値はあるのですが、データをさらに価値あるものに変える(データを分析する)。まずここがヒントを得る第一歩です。さらにそこからアクションまで結び付けられるかが最も大切ですので、そこは意識していますね。例えばTポイントから得られたデータから、現状の課題を打破するヒントを見つけ、アクションに落とし込むまでの道筋を示し、その道筋を辿ってもらうことでクライアントの業績が上がる、それがデータ分析によって得られる成功体験だと考えています。

─── ふんばりどころが分析そのものではないとすると…?

さまざまなクライアントと向き合っていくなかで、データから導かれたヒントをアクションに反映させられないことも、実は少なくありません。経営にはさまざまな壁があるので仕方がないのですが、データ上では良いと思われるアクションでも、クライアントが望まないアクションであれば受け入れてくれないのが現状です。そこはデータの扱い方や重要性をもっと説いていかないといけないんですよね。

設計者として働いていた頃のデータの扱いは、実験に対して計測するだけだったので非常にシンプルでした。しかし事業全体を俯瞰するとなると、「どうなったら成功か」を思考する力と、それを数量データとして計測・分析し、シミュレーションをする力の両方が大切になってきます。そして、それをするためのツールも重要です。“分析の権威”のような存在がツール内にいて、それがそれぞれに合った適切な分析手法をいろいろ提案してくれるようなツールがあると、統計やデータを扱ったことのない方でもデータを活用できるようになるんじゃないかなと思っています。

CCCでは「データをいかに売るのか」を考えていたので、独立した今は「データをいかに価値のあるものにするか」を考え、コンサルタントという立場でお客様と寄り添っていきたいですね。

データ分析なしでは生きていけない時代がすぐそこに

─── 近藤さんにとって、ずばり、データ分析とはなんでしょうか

自分の仕事を始めるための最初の一歩です。データは、表には見えていないものをさまざまなな切り口で教えてくれます。データは改ざんができてしまうので扱いには注意が必要ですが、うまく活用すると仮説も膨らみますし、効率も違ってきます。

─── 今後求められる、データ分析のプロフェッショナルとは?

データと人のアクションを繋げるプロフェッショナルですね。その翻訳のような繋ぎをスムーズに行える人材が今後求められると思います。今までわからなかったデータがクリアになり、それを個人が活用できるようになる。そうすると、将来的にはデータなしでは生きていくのが難しいというほどになるのではないかと思います。

「重要なのは結果ではなく、アクションに結び付くか」データ活用の現場より

多様な経験をしたことで、自身の市場価値が確立され、視野が広がったことで逆に組織の制約を感じることが多くなったため、組織の枠を飛び出した近藤さん。多様なスキルの掛け合わせによって独自の強みを見出した近藤さんのチャレンジとは?

インタビューは、ビジネスノマドジャーナルから読めます。

インタビューされた人