いまさら聞けないマーケティング用語

モバイルディープリンク

モバイルディープリンクとは、Webサイトなどから「スマートフォンアプリの特定ページ」に直接移動することができるリンクのことです。この機能を活用することで、サイトやアプリ利用者のユーザー体験を向上させることができ、コンバージョンや再訪率の向上が期待できます。

ディープリンクとは何か?

モバイルディープリンクを説明する前に、ディープリンクについて簡単に理解しておきましょう。ディープリンクとは、あるWebサイトから「別のWebサイトの特定ページ」に直接リンクするものです。Webサイトの深いところまで直接移動するというイメージです。

アプリへの移動ができるモバイルディープリンク

近年、スマートフォンが普及し、Webサイトだけでなくアプリで商品の販売や情報提供が行われるようになってきました。そこで、アプリ内の特定のページやコンテンツに直接移動できるモバイルディープリンクが重要視されるようになったのです。

モバイルディープリンクは、「Webサイトからアプリ内の特定ページへ移動する」だけでなく、「あるアプリから別のアプリ内の特定ページを開く」ということも可能です。

モバイルディープリンクのメリット

では、モバイルディープリンクを活用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか?それは、利用者にストレスを与えないようにすることで、それがコンバージョンなどにつなげられるというものです。

ショッピングアプリを例に考えてみましょう。

あるサイトに、利用者の好みに合った商品の広告を表示しました。モバイルディープリンクを使用していない場合では、利用者が広告をタップしたときに、アプリのトップページが起動されてしまいます。利用者はアプリ内で、広告に表示されていた商品を検索するなどして探し出さなければなりません。この場合、「広告表示⇒アプリ起動⇒商品検索⇒購買」というステップを踏むことになります。広告で誘導された利用者が、もう一度、商品を検索し直さなければならないことを嫌って、購入を決断しないケースがとても多くなるでしょう。

しかし、モバイルディープリンクを利用していれば、広告をタップすると、直接、広告に表示している商品の購買ページにリンクさせられます。「広告表示⇒商品表示⇒購買」となり、商品を利用者が検索しなければならないわずらわしさを取り除くことができるのです。

このようにして、利用者のUXを向上させる(負担を軽減する)ことで、コンバージョン率(CVR)も向上させることができるのです。

モバイルディープリンクにはパーマリンクが不可欠

ただ、ディープリンクを使うには、リンク先のURLが必要となります。

つまり、パーマリンクが不可欠で、広告をタップしたときに表示させたいアプリ上の画面すべてにURLを設定しておかなければならないのです。新しい広告を表示させたけれども、その商品へのパーマリンクを設定し忘れていると、正常に表示されないため、注意しましょう。

モバイルディープリンクの実装はどうすればいいのか?

広告にモバイルディープリンクを実装させるには、広告を表示させようとするサイトにサポート機能が用意されています。その機能を活用すれば、それほどの負担なくモバイルディープリンクを生成することができるでしょう。主なものを紹介します。

Google

「AppIndexing」は、検索結果にアプリのアイコンを表示させることができます。また、アプリをインストールしていない利用者にはインストールをおすすめするという機能があります。

Apple

「Universal Links」というサービスをリリースしています。

Universal Linksでは、ひとつのアドレス設定で、アプリをインストールしている人はアプリの特定ページへ、まだインストールしていない人はWebサイトの特定ページへジャンプさせることができます。また、SafariやSpotlightの検索結果にアプリを表示させることもできるようになりました。

Facebook

「App Link」を使うことで、ショップのオフィシャルアカウントの投稿の中などに、モバイルディープリンクを入れることができます。URLスキームを利用すれば、「広告をタップした際に、どのようなアクションをさせるか」を設定することが可能です。また、実装する際には、AndroidとiOSを区別することができます。

Twitter

「Twitter Cards」という機能に含まれる「APPカード」を使えば、ツイートに「アプリで開く」と表示させることができます。このリンクは、タイムライン上でも表示され、Twitter Cardsを利用することで、広告をより目立たせられる効果もあります。

まとめ

モバイルディープリンクは、利用者の手間を省き、購買行動につなげられる可能性を高められる手段です。

広告を表示させるプラットフォームによって設定方法は異なりますが、必須の技術と言えるでしょう。もし、自社だけモバイルディープリンクに対応していないのであれば、多くの利用者が他社のアプリに流れてしまうリスクがあるためです。いくら利用者に刺さる広告を出稿できても、購買まで至らなければ意味がありません。プラットフォームのサポート機能を使えば簡単に導入できるため、どんどん使ってみることをおすすめします。

< 前の記事へ 次の記事へ >
XICA magellanXICA magellan