XICA magellanが目指す世界 ②

マゼランはマーケターを暇にさせます。その時間、どう使いますか?

マーケティング活動の本質は、運用よりも戦略

マーケティング活動の本質は、運用よりも戦略

「マーケターの日常業務って何?」と問われたとき、あなたはどう答えるでしょうか。多くの人は、広告施策に対する成果データを収集し、それをレポートにしてまとめる仕事や、上司や部署内でレポートを共有する仕事。そしてひとつひとつの施策成果をどのように改善するか、広告の打ち手を考えて広告会社などと調整する仕事に追われるのではないでしょうか。多くのマーケターが、マーケティングを推進すること=作業することになっているはずです。

しかし、マーケティングの目標が「事業にインパクトを与える成果を生み出すこと」と定義したとき、果たしてこうした作業に時間を割くことが重要だと言えるでしょうか。レポートをまとめたり、それを共有したり、部分的な改善施策を考えることは、もちろん必要な作業ではあるものの、それは「手段」であって「目的」ではありません。本来、マーケティングの目的は、あらゆる施策を有機的に組み合わせて、目標を実現するための成果を生み出すエコシステムを構築することなのではないでしょうか。

そのためには、個別具体的な施策の改善を考えるだけでなく、マーケティング活動の全体像を把握して、どのような戦略で目指すべき方向性に進むかを考え、試行錯誤しなくてはなりません。マーケティング活動の本質は運用をこなすことではなく、成功のための戦略を模索する作業なのです。

マゼランは、マーケターに「ディープシンキング」の時間を提供します

「XICA magellan(マゼラン)」がマーケターに提供するもの。それは「時間」だということができます。マーケティング活動で生まれる様々なデータを統合し、全体最適を実現するための示唆を提供するマゼランは、マーケターからレポート作成と共有のために掛けていた手間を削減することができるのです。

マーケティング活動の本質は、運用よりも戦略

オンライン広告のデータは、自動的かつリアルタイムにマゼランに統合することが可能で、API接続ができないタイプの広告データもわずかなステップでマゼランに連携させることができます。そして、高度な統計分析によって生み出される統計データは、ダッシュボードで簡単にモニタリングすることができ、必要に応じて他の担当者と共有することができます。連携させた広告データに基づいたアトリビューション分析も自動的に行われるため、これまでマーケターが膨大な時間を掛けていたデータの収集とレポート作成の手間を、システムに任せることで大きく削減することができるのです。

これによって、マーケターに与えられた時間は大きく増え、その仕事はレポートを作成するという「作業」から、レポートを基に次の戦略を考えるという「思考」にシフトさせることができるようになります。これまで「ただ作成してわかりやすい課題を発見するだけ」だったレポート=データを深く理解し、新たな戦略をじっくりと考えるための「余裕」がマーケターにもたらされるのです。

「正解」が存在することのないマーケティング活動に必要なもの。それは様々な角度から仮説を立てて戦略を組み立て、試行錯誤を繰り返すことであり、その蓄積がマーケターにとって重要な経験値となっていきます。この仮説を考えて戦略を生み出すという業務は深くじっくりと考える「ディープシンキング」から生み出されるべきであり、そうしたクリエイティブな作業に多くの時間を割いて様々な目的意識を持ちながらPDCA運用を推進することが、マーケティング活動をさらに有益なものにするのです。

「細かい作業に追われてじっくりと考える時間などない」。そんな悩みを持つマーケターは、自分自身がマーケティングにおいてするべき本当の業務は何か、マーケティングの本質は何かをもう一度考えてみましょう。システムに任せることができる作業は、システムの利便性を最大限に活用し、人だからこそできる作業、人にしかできない作業を追求していくことが、次世代のマーケティングのあるべき姿なのです。