いまさら聞けないマーケティング用語

エンドレスアイル

エンドレスアイルとは?

エンドレスアイルとはオムニチャネル化のための取り組みの一種で、実店舗に商品が無くてもECサイトからその場で商品を注文し、自宅や店舗に届けて貰えるサービスの事を指します。

オムニチャネル化とエンドレスアイルについて

エンドレスアイルについて説明する前にその上位の概念であるオムニチャネルという概念について説明します。オムニチャネルとは店舗やECサイト、SNS、コールセンターなどありとあらゆるチャネルを統合しようというマーケティング上の取り組みの事です。

消費者はWEBサイトで商品をチェックして実店舗で購入したり、SNSで商品を見てECサイトで購入したりとネットリアルをまたいで複数のチャネルを経由して購買に至ります。このような消費者行動に対応するためにはそれぞれのチャネルが独立しているのではなく、チャネルをまたいで消費者の購買を促せるオムニチャネルを構築する必要があります。

エンドレスアイルはこのようなオムニチャネル化のための施策の1つで、ユーザーの希望している商品に欠品が発生している場合に実店舗からECサイトに誘導、注文して後から自宅や店舗で商品を受け取る事ができるサービスの事を指します。

ちなみに実店舗に訪れたユーザーを単にECサイトに誘導するだけではエンドレスアイルとは呼びません。エンドレスアイルと呼ばれるためにはユーザーがチャネルをまたぐことによるストレスを軽減する取り組みを行う必要があります。例えば、店員が店舗では欠品しているのでECサイトで購入してくださいとただ促すのではなく、専用のタブレットや端末でスマホを持っていなくても簡単にECサイトに接続して注文ができて初めてエンドレスが成立していると言えます。

<

h1>エンドレスアイルによる利用者のメリット

エンドレスアイルを導入すれば利用者にどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、商品が欠品していても他店舗やECサイトの在庫が照会できるので他店舗やECサイトに訪問して再度同じ商品を探す手間がかかりません。また、欠品している商品が店舗に再入荷されるまで待って再度来店する必要がありません。更に、日本は物流網も整備されているので在庫さえあれば店舗で欠品になっていても大抵の地域であれば2~3日で商品が手元に届きます。

このようにエンドレスアイルが導入されることによって、ユーザーはストレスなくチャネルをまたいで商品を購入することができます。

エンドレスアイルによるサービス提供者のメリット

では、エンドレスアイルを導入するサービス提供者側にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、欠品による機会損失を防げます。店舗で欠品していると商品が欲しいユーザーは他店舗に離脱してしまいます。自社の系列店ならまだ良いのですが、別資本の店舗に流入するとせっかく発生するはずだった売上がみすみす他社に奪われてしまいます。また、せっかく来店したのに欠品しているのはユーザーの顧客ロイヤリティの低下にもつながります。エンドレスアイルを導入することによって機会損失や顧客ロイヤリティの低下を防ぐことができます。

更に、買上率、客単価のアップも期待できます。店舗は倉庫と違い、ユーザーが商品を選びやすく、買いたくなるように陳列しなければならないので店舗に置ける在庫数は限られています。よって、死に筋の商品や特殊なサイズや仕様の商品を店舗に置くことはできません。エンドレスアイルを導入することによって店舗にはおけない死に筋、特殊な商品についてもユーザーに勧められるので買上率や客単価を増加させやすいというのもメリットとして挙げられます。

エンドレスアイルの導入事例

日本のエンドレスアイルの初期の事例として挙げられるのは株式会社大丸松坂屋百貨店が2013年11月から始めた取り組みで、大手アパレルメーカーのワールドと協力して、店舗で商品が欠品していた場合は、店員が端末でECサイトの在庫を照会し、後日自宅か店舗で商品を受け取れるサービスを開始しました。ちなみに大丸松坂屋はもう1つのオムニチャネル化のために施策としてクリック&コレクトというネットで商品を注文して店舗で商品を受け取れるサービスを同時に開始しました。

参考:大丸松坂屋とワールド、オムニチャネルを推進する2つのサービス

また、アディダス ジャパン株式会社も2014年5月から直営店15店舗でエンドレスアイルサービスを開始しました。そして2017年10月からクリック&コレクトサービスを開始し、2017年12月にはグーグルが提供しているローカル在庫広告を導入して更にオムニチャネル化を推進しています。

アディダス、直営15店舗に『エンドレスアイル』設置 オムニチャネルへの取り組み

まとめ

以上のようにエンドレスアイルについて説明してきました。エンドレスアイルはオムニチャネル化のために施策の一種で、エンドレスアイルだけ行えば良いというわけではありません。導入事例からもわかる通り、エンドレスアイルを導入した企業は更にオムニチャネル化を進めるためにクリック&コレクトやローカル在庫広告など他のオムニチャネル化のための施策も実行しています。

エンドレスアイル単体で導入の是非を検討するのではなく、オムニチャネル化の戦略を練った上で、その戦略上エンドレスアイルをどのタイミングで導入するべきかを考えた方が良いでしょう。

パナソニック合同セミナー
< 前の記事へ 次の記事へ >
XICA magellanXICA magellan