導入企業

XICA magellanへの大きな期待-オンオフ統合分析、情報の共有

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 様

三井住友フィナンシャルグループにおけるコンシューマーファイナンス事業の中核会社。金融事業をはじめとした、保証事業・海外事業・債権管理事業を行う。今回は、金融事業部にてマゼランを導入した。

事業概要
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社・金融事業部は、個人の顧客に対して無担保・無保証による小口資金の融資を担う。同部・プロモーショングループは、広告を通じてのブランディング、新規顧客の獲得や既存顧客の囲い込みがミッション。オンライン広告、コンテンツマーケティングを中心に、戦略の策定や調査・分析を行っている。
ウェブサイト
http://www.smbc-cf.com/corporate/index.html
マゼラン導入時期
2016年9月より

オンオフの適切な予算配分に大きな課題を感じていた

サイカ

貴社の事業内容についてお聞かせください。

SMBCコンシューマーファイナンス様

弊社は、三井住友フィナンシャルグループにおけるコンシューマーファイナンス事業の中核会社として、「金融事業」をはじめ、「保証事業」「海外事業」「債権管理事業」に取り組んでいます。「金融事業」では、個人のお客さまに対して無担保・無保証による小口資金の融資を通じて、お客さまが安心してお取引いただけるサービスを、「保証事業」では、銀行や信用金庫等の金融機関189先と提携し、提携先金融機関が取り扱う個人向けローン商品の債務を保証する事業を、「海外事業」では、国内で培ったノウハウを活かし、香港、タイ、中国本土7都市、台湾にて小口資金の融資を中心に展開し、そして「債権管理事業」では、金融事業の延滞債権などの管理・回収やお客さまからのご返済に関する相談等の対応をそれぞれ行っています。

サイカ

担当業務とチームのミッションをお聞かせください。

SMBCコンシューマーファイナンス様

所属は「金融事業部 プロモーショングループ」です。ミッションは、広告を通じて“PROMISE”ブランドの認知向上を図り、新規顧客の獲得、既存顧客の囲い込みを行うことにあります。「やっぱりプロミス」と皆さまに感じていただけるように、という。その中で、私自身は主にオンライン広告、コンテンツマーケティングを中心に、戦略の策定や調査、分析のミッションを担っています。

金融事業部 プロモーショングループ 渡邉 紀氏

チーム内の情報共有が課題だった

サイカ

抱えられている課題についてお願いします。

SMBCコンシューマーファイナンス様

ミッションを果たすために、限られた予算でいかに効率よくプロモーションを行うか、ということが大きな意味での課題です。そのために、消費者のカスタマージャーニーやオンライン広告・オフライン広告の相関性などを探って、広告媒体ごとの適切な予算配分や効果検証を行う必要があると考えています。
また、業務が属人的になっている、という問題もあります。例えば、特定の人が居なくなると業務が停滞するとか、特定の人が作成したファイル等を後から加工できないとか、そのようなことって、ありますよね。異動で新しく加わったメンバーに、いち早く知識を習得して頂ける体制を敷くことは課題です。時代とともに広告の幅も広がり、それに携わる人の知識の幅も広くならざるを得ません。メンバーと情報共有を図る際、どういう言葉を使うのか、どこまでの情報を伝えるのか、プロモーション戦略はフロントラインの現場スタッフにも理解して頂く必要があるので、そういった場面での説明も含めて、人材は変わる中で、常に一定の水準で続けなければなりません。・・・難しいですね。

金融事業部 プロモーショングループ 川本竜吾氏

マゼランに期待するオンオフ統合分析、情報の共有

サイカ

そのような課題の中で、マゼランにどのようなことを期待しているでしょうか。

SMBCコンシューマーファイナンス様

テレビCMや屋外看板、中づり広告などに触れた消費者が、Web上で購買に至る数など、オンラインとオフラインの相関性はこれまで算出が困難と言われていました。マゼランはその点を“統計学”という背景から明らかにするツールとのことで、大変期待しています。
また、カスタマージャーニーの可視化や、適切な予算配分を示すプランニングと予実管理の機能が備わっていることから、立場の違う人間が「マゼラン」という共通のツールを見ながら議論できる。そういったことが業務改善に繋がると期待しています。更に、チームの人材が変わる中で、過去の情報やノウハウの蓄積、共有にも活かすことができると考えています。

サイカ

なるほど。当時残していたプロモーションの画像だとかがどういったことに機能するのかを把握するのもいいかもしれないですね。

変わりゆく外部環境への対応がマゼランの導入理由

サイカ

情報やノウハウの蓄積や共有を含めてですが、どんどん御社は変わられている印象があります。変わっていこうというスタンスのきっかけというのは何かあったんでしょうか。

SMBCコンシューマーファイナンス様

弊社を取り巻く環境が厳しいものになってきたということがあります。外部環境では、参入を強化して久しい銀行系のカードローンなど、市場におけるシェアの奪い合いが激化しています。また、当業界ではインターネットを通じた購買が主流になりつつあり、データの定量化や深い分析が求められています。出せる情報は出して分析し効率化を図らないと、という意味で、背に腹は代えられない状況にあるのです。

サイカ

マゼランが狙っているユーザはそういうところだろうなと思っています。市場が成熟してきたであったり、変わらないと負けるのが見えているというところにいたると、力を発揮できるだと。

金融事業部 マーケティング企画室 曽根優希氏

マゼランは素人でもわかりやすい

サイカ

数々の分析ツールがある中でマゼランを選んで頂いた理由をお聞かせください。

SMBCコンシューマーファイナンス様

素人目にも分かりやすい、という点がまず挙げられます。「回帰分析」や「多変量解析」という言葉が出てくると、私など、いったん席を外して深呼吸をして戻ってくる。そんなことをする必要があるのですけれど(笑)、マゼランは見やすさや分かりやすさを追求したつくりになっていて、直接の担当者でなくても、画面を見ながら議論できるだろうと思っています。特に、ナビゲーション画面に表示されるカスタマージャーニーは、一見して興味をそそる内容だと感じています。

サイカ

どのようなかたが実際にマゼランを使用していくご予定でしょうか。

SMBCコンシューマーファイナンス様

チーム内の共通ツールとして使用し、現状把握ための情報共有や、改善に向けた議論に役立てたらと思っています。その他にも、慣れてきたらマゼランの「分かりやすさ」を活かして、他のチームとの情報交換に使いたいです。その他、広告代理店様と打ち合わせをする際にも有効ではないかとも考えています。

いざというときに、やっぱりプロミスだなというプロモーションをしたい

サイカ

マゼランを起点にというところで、今後どのようなプロモーション活動を目指されていくのでしょうか。

SMBCコンシューマーファイナンス様

概念的な話になりますが、お客さまはそれぞれ違った時間に、違った環境で、違ったお気持ちで広告に触れていると思います。ただ、マゼランの分析を通じて各種広告の相関性が明らかになってくると、最も効果的なプロモーションの道筋のようなものが見えているのではないかと思います。インターネットが普及して以来、オンライン広告の注目度が増して来ましたが、効果的なプロモーションにはオンライン、オフライン双方のバランスが重要であると考えています。日々の生活の中で違和感なく弊社の広告に触れて、いざというときには「やっぱりプロミス」と思い出していただけるような、そんなプロモーション活動を追求していきたいと考えています。

今後のマゼランへの期待

サイカ

それでは最後に、今後マゼランに期待することはどのようなことでしょうか。

SMBCコンシューマーファイナンス様

「分析の精度」と「分かりやすさ」は追求していただきたいと考えています。分析の精度というのは、継続利用によって蓄積されるデータは増えますし、トライアンドエラーによって高まるものだと考えています。特に、オフライン広告・オンライン広告の相関性の明確化に関しては大変期待しています。そのほか、外部要因として「他社の広告出稿の影響」もありますが、それのみならず、マーケット全体に影響を及ぼすような社会の動きや、都道府県ごとの地域性を加味した分析、それらが可能になれば「マゼラン」がより進化するのではないかと思います。

まとめ

オンオフの統合分析はすべきだと思う会社は多いが実際に分析をし実行に移す会社は多くないのが現状である。だが課題だと思ったら、実際にアクションに移すことができるSMBCコンシューマーファイナンス様は素晴らしいと改めて感じることができるインタビューでした。また、なぜそのようなアクションができるのかを探っていった際に成果を追っている組織の中にマーケティングチームが入り、かつオンオフ垣根がないチームとして議論できるかが重要であることが明確になってきました。そして今後はそのようなチームが当たり前になると改めて感じることができた。そのなかで、マゼランはそのような環境を支えることのできるツールになっていくべきで、データの統合、分析の精度、わかりやすさ、チーム内での情報共有がしやすいということをさらに追い求めるべきだと思える貴重なインタビューであった。
最後にお忙しいなかこのようなインタビューの時間を頂けたSMBCコンシューマーファイナンス様には御礼申し上げます。ありがとうございました。