分析手法

精度と現場感(実行性)を担保するマゼランの分析アプローチ

cookieではなく数値データ同士の関係性(=相関)を利用し、
オフライン・オンラインを横断した施策の評価を可能に

cookieではなく数値データ同士の関係性(=相関)を利用し、オフライン・オンラインを横断した施策の評価を可能に

マゼランの分析の目的は、あらゆるマーケティング施策が成果に対してどのように、どれくらい貢献しているのかを評価することです。
cookieベースの分析では、TVCMを見た人がどれだけ検索をしてWebサイトを訪れたのかを直接評価することはできません。
そのためマゼランでは、相関ベースでの分析(数値データ同士の関係性)から施策同士のつながりを導きだしています。

各データの波形を重ね合わせることで相関ベースの関連性を把握

日次データのみを利用し、“簡易”で“安全”な分析を実現

あらゆるマーケティング施策を統合して評価しようとする場合には、相関ベースでの分析が有効です。
人力で分析していると膨大な手間がかかる、各施策の相関ベースの関連性をXICA magellanならスピーディーに分析できます。

相関の有無、影響力の高低を回帰分析で明らかに

最新データが更新される度に分析・予測を行い、分析精度を維持

データの波とデータの波との連動は実データと傾向線の関係から導かれます。

導入の相談はこちら

TVCMを代表とした認知施策をどのように評価すればよいか、
など広告効果測定に関するご相談、料金やデモのご依頼はこちらから
お問い合わせ