サイコロを作ったので、振ってみた。

サイコロを作ったので、振ってみた。

このたび、サイカのオリジナルグッズを作成しました! 統計分析を扱っている会社らしく、サイコロ。サイカのサイコロだから、“才コロ”。振りたい…早く振ってみたい! ただ振っても面白くないので、ちょっと統計のお勉強をしながら振ってみました。

本当に1/6ずつ出るのか?

サイコロは目が出る確率は1/6ですよね…つまり6回振れば、サイカのロゴは一度は出てくるはずです。しかし、それって本当でしょうか? 実際はどこかの目に偏りがあるんじゃないか…。もし何回振っても “才” が出てこなかったら悲しすぎる。

…ということで、こんなにあるし、実際に振ってみました。

サイコロを作ったので、振ってみた。

サイコロの数は202個あります。ロゴマークが出てくるのは1/6の 約33個のはず。白と青を分けて考えて、約17個。

サイコロを作ったので、振ってみた。

これを地道に並べます。

サイコロを作ったので、振ってみた。

同じことを2回繰り返しました。そここから “平均からどれだけ離れているか” を表した標準偏差を算出し、信頼区間を求めます。信頼区間内に数値が収まっていれば、「このサイコロには偏りがない」 と言えます。

青の5は出やすい?

【1回目】

サイコロを作ったので、振ってみた。

【1回目:白】※ 都合により201個のサイコロで推計しています。

サイコロを作ったので、振ってみた。

【1回目:青】

サイコロを作ったので、振ってみた。
※ 赤部分は信頼区間から外れてしまっている箇所です。

【2回目】

サイコロを作ったので、振ってみた。

【2回目:白】

サイコロを作ったので、振ってみた。

【2回目:青】

サイコロを作ったので、振ってみた。
※ 赤部分は信頼区間から外れてしまっている箇所です。

結果を見てみると、概ね信頼区間に入っています。今回は2回だけなので正確なことは言えませんが、2回連続で信頼区間から外れた【青の5】は少しだけ出やすいのかもしれません。

この記事を書いた人