マーケティングで統計分析が必要な理由

テータ量が飛躍的に増加しタッチポイントが膨大になっているなか、どのマーケティング施策が成果に影響しているのか判断するのが難しくなってきています。そんななか、マーケッターは分析結果を正しく導き出し、その結果と仮説を基に適切に解釈しなければなりません。そこで、施策同士の関係性を数値で客観的に判断することのできる統計分析の力が必要となってきました。

統計分析でわかること

成果と要素の関係が“たまたま”なのか“必然”なのかを判断することができる

それぞれの要素と成果の関係性を見つけ出すことができ、再現性の高いマーケティング施策やKPI設計をすることができます。

各要素の影響力を数値化できるため、重みづけができる

例えば、TVCMの効果を考慮したうえでのオンライン施策の効果など、成果に対して影響がある要素が分かるだけではなく、それぞれの要素が成果にどのくらい影響しているのかを数値で客観的に考慮することができます。

同じ場所で処理できないデータ間の関連を明らかにできる

データ同士の連動を数値化することができるため、オンラインとオフライン/デバイスを越えた施策の効果や成果への影響など、これまで関係性が見えにくかったものの関係性を明らかにすることができます。