株式会社トライステージ

株式会社トライステージ

テレビ通販を中心としたダイレクトマーケティングを総合的に支援している株式会社トライステージで、
新規事業の企画を担当している益子純一様と中村修様に
アデリーを導入した経緯や実際の活用方法についてお話を伺いました。

日頃の業務について教えていただけますか?

株式会社トライステージ 益子)私どもトライステージは、通販企業様を支えるワンストップソリューション会社です。テレビの広告業務を中心に、コールセンターやCRMサービス、ネット戦略や売り上げの最適化を測るための統計分析サービスなど、通信販売業務に関わるサービスを一手に担っております。 弊社はダイレクトマーケティングに特化しているという特徴もあります。通販の広告はいかに効率よく施策に落とし込めるのかが重要になってきますので、弊社のようにワンストップでできることは強みのひとつと考えています。 私の所属している事業戦略部は、大きく2つの業務を担当しています。ひとつはウェブを活用した新規事業の企画。もうひとつはアデリーを使用した統計分析サービスです。

アデリーを導入されたきっかけや、
導入前の問題意識をお聞かせください。

株式会社トライステージ 益子)今まではテレビ媒体CMの効果測定は、コールセンターの受注数で測定していたのですが、ネットでの購買も徐々に増えていき、テレビ広告の成果指標であるCPR、CPOが下がって見えるようになってきました。 実際はネットの売り上げの中に、テレビの影響によるものも多くあるのですが、それをクライアントに裏付けのある形で説明ができずにいました。このテレビCMとウェブでの受注の相関関係を明らかにし、「本当はテレビの影響による受注である」ことの根拠を明確に伝えられれば、我々の提案の有効性を理解してもらえると感じていました。そのためにもオフラインアトリビューション分析(予算配分を最適化するためにテレビとウェブとの相関効果を分析すること)を実施する必要がありました。 中村)オフラインアトリビューション分析の提案は以前からしていたのですが、その際に導入していた分析ツールが高額ということもあり、サービスを導入してくださるクライアントがほとんどいませんでした。そこで、“安価”で“簡単”に操作できるツールを探していたところアデリーに出会いました。 益子)分析ツールが高額というのもさることながら、分析やレポート作成も外部のコンサルタントにお願いしていたので、さらにコストと時間がかかっていました。また、分析を担当してくださるコンサルタントの方に、我々のビジネスやクライアントのビジネスを理解していただくまでの関係性を構築する時間が取れませんでした。 クライアントのビジネス上の課題やマーケティング戦略がわからないと意味のある分析レポートが作成できません。実際に分析やレポートを作成する担当は”統計の知識があり分析ができる人”ではなく、ビジネスも理解している方でないとといけないのですが、そこを外部のコンサルタントに求めるのもなかなか難しい状況でした。そこで、一番クライアントのビジネスを理解している自分たちで対応したほうがいいと判断をしました。我々も統計分析の知見が豊富にあるわけではないので、操作が簡単で分かりやすいアデリーを導入することにした。

現在アデリーはどのように活用されていますか?

益子)現在は、ネット受注に対するテレビの貢献度を測るためのオフラインアトリビューション分析を行っています。テレビの効果測定はコールセンターの受注数で測定しているとお話ししましたが、ウェブでの購買力が上がってきてからは、テレビの効果が正確に測れていませんでした。 通販では、テレビCMを大量に打ちます。しかし、そのテレビCMの投下量がウェブでの受注数にどのような影響があるのかまで明らかにできていませんでした。これを分析によって明らかにし、最適なマーケティング予算配分の提案に活用しております。 我々のメインの取り扱い媒体がテレビなので、テレビの受注数を伸ばすのが最大のミッションと思われがちですが、実際はクライアントの売上が効率よく上がることを最大の目標としています。ネットや他媒体での出稿状況や受注成果をお客様と共有し、各媒体の影響力を分析で明らかにすることによって、クライアントのマーケティングの投資対効果の最大化(ROI)に繋がる予算配分のご提案に繋げています。

アデリーのどのような点に価値を感じてくださっていますか?

株式会社トライステージ 益子)いくつかあるのですが、まずは計算が早いことです。操作も簡単ですので、他のメンバーと画面を共有しながらリアルタイムで議論ができるのが一番の魅力だと思います。 また、アデリーは機能がシンプルですし、専門用語もないので、教育コストがあまりかかりません。全社展開などはしやすいツールなのではないでしょうか。私としては、最終的には営業チームのメンバーにもアデリーを使えるようにしたいと考えています。それは、お客さまのことを一番理解しているのは現場の営業チームのメンバーだからです。よりスピーディに正確な分析結果を出したいのであれば営業チームのメンバーが使えるようになるのが理想的です。そうなると“簡単”というのはとても重要になってきます。 中村)あとは、「プロジェクト共有機能」で分析結果やデータを共有できるので、メンバー同士でサポートをしやすいのも魅力ですね。 益子)メンバーもそうですけど、お客様も統計の勉強をされている方は少ないので、分かりやすい言葉で視覚的に表示されるのも非常にありがたいです。

今後はどのようにアデリーを活用していきたいとお考えですか?

中村)以前、CM素材や広告枠が疲弊するタイミングと出稿量の関係を見る機会がありました。CM素材は数パターンあるのですが、それをどれくらいのサイクルで出稿すれば視聴者の興味が保てるのかというのは、どのクライアントも苦心している部分なので、その関係を明らかにしていきたいですね。この分析はニーズがあると思っていますので、今後サービスパッケージにしたいと考えています。 益子)受注コールセンターの呼量分析をもっとやっていきたいですね。簡単に言うと、コールセンターの席数の予測の精緻化です。多すぎると無駄なコストとなってしまいますし、少ないと機会損失に繋がります。これを正確に予測することが求められています。 また先ほどもお話ししましたが、アデリーを全社に展開して、様々なデータを分析し、社内にナレッジとして共有していきたいですね。